Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツ紙!「大迫はシーズン終盤はベストな一人だった!」大迫のシーズンを総括!

【Blickpunkt】ドイツ紙

※ブレーメン選手総括より大迫選手の総括を抜粋!

ブレーメン大迫勇也

osakoskokokoko.jpg


この男はヴェルダー・ブレーメンにおいてほんとうに極端だった。選手採点において彼ほどばらつきがあった選手はいないだろう。


スポンサーリンク


採点は1から6までとなっているが、彼はそのすべてを獲得している。彼が最も良い評価を得たのは、3:2で勝利したアウグスブルク戦、そして6:1で勝利したケルン戦だ。彼はこの2試合でドッペルパックを達成しているのだ。


一方では低評価を得たのは0:3で敗れたライプツィヒ戦だった。そしてこれらのパフォーマンスの違いが大迫の今シーズンがどうだったのかを良く表している。


この日本人は多くのファンにとって苛立ちとなっている。試合中に消えてしまう事が多いからだ。13節から30節まではゴールもアシストもなかったが、これは非常に長い期間だ。

しかし大迫がシーズン終盤チーム最高の選手の一人だった事も事実だ。彼はコロナ中断後から開花し、最後の4試合でシーズン通算8ゴールの半分の4ゴールをあげている。



出場試合数:30
ゴール/アシスト:8ゴール2アシスト
プレー時間:2009分
採点平均:3.58





以上です。


ドイツ紙が大迫選手のシーズンを総括していましたので紹介しました(大迫選手のみ抜粋)。今シーズンは負傷に苦しみましたが、公式戦通算で9ゴール4アシストを記録しています。その前の2シーズンは5ゴール、3アシスト(18/19)、6ゴール3アシスト(17/18)でしたから、数字は伸びていますね。来シーズンはシーズン終盤の活躍がもっとたくさん見れると良いですね。




[ 2020/07/19 18:17 ] 大迫 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。