Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

香川!ドルトムントで活躍した歴代外国人選手トップイレブンに選出される!独紙

【Spox】ドイツスポーツメディア 7月18日


ボルシア・ドルトムント!

ドルトムント歴代外国人選手トップイレブン!


aufstellung-940.jpg


ボルシア・ドルトムントでは多くの外国人選手がプレーしている。しかしそれ以外にワールドクラスの外国人選手も多く活躍している。当紙が歴代外国人選手トップイレブンを選んだ!



ゴール:

ロマン・ビュルキ(2015~)


このスイス人は最初は不安定だったが、今では完全に安定しており、昨シーズンは信頼できる存在だった。


スポンサーリンク


守備:

ルーカス・ピスチェク (2010~)

このポーランド人は10年もドルトムントの右サイドバックを務めており、常にスタメンに戻ってきている。


ネヴェン・スボティチ (2008~2017)

マッツ・フンメルスとドルトムントにおいて伝説的なセンターバックを形成。2011年と2012年にはセンセーショナルなリーガ優勝を果たした。


デデ (1998~2011)

ミヒャエル・ツォルクとロマン・ヴァイデンフェラーに次ぐ試合出場を誇っている。マルセル・シュメルツァーにとって代わられるまで左サイドバックで10年以上にわたってプレーした。


ミッドフィルダー:

クバ (2007~2015)

クロップが優勝したシーズン、ドルトムントで最も良かった選手の一人だった。その後フィレンツェ、そしてヴォルフスブルクに移籍し、現在は故郷のポーランドでプレーしている。


シャヒン (2007~2011,2013~2018)


このドイツ・トルコ人はドルトムントのユースからトップチーム入りを果たしている。彼は現在ブレーメンで活躍している(※契約切れ)。


トーマス・ロシツキー(2001~2006)


チェコからドルトムントにやってきてワールドクラスに育った。2006年には負傷と経済的な問題からアーセナルに売られる事となった。

香川真司(2010~2012,2014~2019)

この日本人はシーズン2010/11の大きな発見だった。そして優勝に大きく貢献している。2度目のドルトムント時代はいくらか幸運ではなくなっている。


フォワード:

ロベルト・レヴァンドフスキー (2010~2014)

最初はルーカス・バリオスの控えだったが、徐々にスタメンに定着し才能を開花させた。ブンデスリーガで5度得点王を獲得している。


シュテファヌ・シャピュイサ (1991~1999)

ドルトムントの90年代の成功に大きく貢献した。ドルトムントで2度のリーグ優勝、そしてチャンピオンズリーグ優勝を果たした。


オバメヤン (2013~2018)

レヴァンドフスキーの抜けた穴をうめるべきとされ、それを見事にやってのけた。ドルトムント213試合で141ゴールを記録


その他:名をあげるに相応しい選手達

ロベルト・コヴァチ(2007~2009)
ヘンリク・ミキタリアン(2013~2016)
ジェイドン・サンチョ(2017~)
ウスマン・デンベレ(2016~2017)
ヤン・コーラー(2001~2006)
マルセル・ラドゥカヌ(1982~1988)
マルシオ・アモローゾ(2001~2004)





以上です。

香川選手がドルトムントの歴代外国人選手トップイレブンに選出されていましたので紹介しました。サラゴサはまだ昇格の可能性が残っていますが、香川選手がこの夏どうなるのか気になるところですね。





[ 2020/07/20 16:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。