Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

リヴァプール優勝セレモニー!クロップ「このトロフィーは私にとってすべて!」

【スポーツビルト】ドイツメディア


リヴァプールで優勝トロフィー授与


クロップ!“このトロフィーは私にとってすべてだ!”

kliklo.jpg

ユルゲン・クロップは優勝セレモニーにおいてご機嫌だ。このリヴァプールの監督は水曜の夜、何度も踊り、喜び、歌い、笑っていた。このセレモニーはコロナウイルスのために無観客のアンフィールドロードで行われたが、これまでで最も奇妙なセレモニーだったかもしれない。


スポンサーリンク


この元ブンデスリーガの監督は、リヴァプールの30年ぶりの優勝について、“素晴らしい瞬間だね。これは私にとってすべてを意味するよ。”と語っている。


クロップは選手とともに肩を組んで“You'll Never Walk Alone”を歌ったが、その少し前にキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンが花火があがる中でトロフィーを受け取っている。



“我々は今、イングランド、ヨーロッパ、世界チャンピオンで、これが唯一の真実だ。”と53歳は昨シーズンのチャンピオンズリーグ優勝とクラブワールドカップ優勝にも言及している。そして、“これ以上に誇らしいことはないね。”と語った。



唯一残念だったのが、チェルシーに5:3で勝利した後で行われたこのセレモニーにファンの姿がなかったことだ。そのためこの元ドルトムントの監督はファンに対して、“好きな飲み物を飲んでパーティーの準備をしておいてくれ!いつになるかは分からないけどね。このふざけたウイルスが過ぎたらね。”とパーティーの開催を宣言している。“後で一緒にこれを祝おう!”


ファンたちはその場にいることはなかったが、これをライブで経験することができた。何人かの選手はソーシャル・メディアにおいて控室やセレモニーの様子をライブビデオで配信していたのだ。“ファンと一緒だったら完璧だったね。それでも素晴らしい瞬間だったよ。”とクロップはご機嫌で語っている。






以上です。

クロップは本当に素晴らしいチームを作り上げましたね。これからどうなるのか楽しみです。ぜひとも連覇を目指してほしいですね。

[ 2020/07/23 18:56 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。