Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

7位フィニッシュのグラナダも久保の獲得に興味!しかしレアルは高額な移籍金を要求か?

【El Espanol】スペインメディア

久保!ラ・リーガでセンセーション!

レアル・マドリッドからの最後のローン移籍!

kubokunn.jpg

久保建英はラ・リーガでも大きな注目を集めている。彼はスペイン一部最初のシーズンで、どうして将来有望な選手であるかを示したのだ。そのためレアル・マドリッドは、彼をもうちょっと弱火でしっかり煮込みたいと考えている。レアルのトップチームではレギュラーとしてプレー時間を確保するのがまだ難しいためだ。そのため再びローン移籍する可能性が高い。


スポンサーリンク


久保は引き続きスペインでプレーすることになるだろう。しかし来シーズン2部でプレーすることになるマジョルカではない。マドリッドはレアルでのプレーにむけてこの日本人をさらに成長させることができるチームを探している。ここで相応しいチームの名が挙がっている。そのチームは来シーズンヨーロッパリーグにも出場するのだ。グラナダだ。


木曜日に“Ideal de Granada”がレアル・マドリッドにローン移籍での久保の獲得をオファーしたと報じられた。しかしそれによると、レアルはローン移籍とは言っても選手をタダで移籍させるつもりはなく、決して安くはならないとのことだ。実際の所レアルは300万~400万ユーロの移籍金を要求しているとされている。


グラナダにとってはこれは高額だが、それでも久保の獲得をあきらめるつもりはないようだ。グラナダはヨーロッパで戦うために、久保は相応しい補強だとみているようだ。


グラナダはヨーロッパリーグ出場という材料で久保を説得したいようだ。しかし問題はディエゴ・マルティネス監督が率いるグラナダがまずはヨーロッパリーグの予選でプレーしなければならないという事だ。久保がそれまでにチームで戦えるかどうかはまだ分からない。


久保の獲得に名を挙げたのはグラナダだけではない。すでにレアル・ベティスからの興味も報じられている。ベティスが興味を示しているのは何も久保だけではないが、それでも彼を愛しているようだ。ベティスのペレグリーに監督はブラヒム・ディアスの獲得も望んでいるとされている。


久保がグラナダの地に、そしてブラヒムがセビリアに地に到着することになるだろうか・・?




以上です。

ヨーロッパリーグ出場の条件を満たすクラブの名前が出てきましたね。グラナダは7位でフィニッシュし、ヨーロッパリーグは予選からという事ですが、予選は結構早い時期に始まりますから、移籍するなら早い方が良いですね。



[ 2020/07/24 08:11 ] 久保 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。