Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

久保獲得争い‼CL出場のセビージャが最有力に!!他のクラブを一歩リード!!

【Libero】スペインメディア


久保獲得争い‼セビージャが一歩リード!!

kubohusa.jpg


“Onda Cero”が報じたところによると、久保建英の獲得争いにおいてセビージャが他のクラブをリードしているとのことだ。このクラブはチャンピオンズリーグで戦うためにこの日本人の獲得に動くようだ!

スポンサーリンク


久保建英がヨーロッパで最も将来性豊かな選手であることを示すのに1シーズンもかからなかった。この日本のミッドフィルダーはマジョルカで良いパフォーマンスを見せて輝き、多くのクラブがレアル・マドリッドからのローン移籍を望んでいるのだ。


“Onda Cero”の報道によるとセビージャがレアル・マドリッドからのローンでの獲得争いにおいて一歩リードしているようである。

セビージャにあって他のクラブにないものは何だろうか?チャンピオンズリーグだ。レアル・マドリッドはラ・リーガ内のクラブにローン移籍させる事を考えるが、セビージャがCLでプレーするという事は、他のクラブよりも大きな利点だろう。


久保の獲得を望んでいるのは久保を高く評価しているフレン・ロペテギ監督だとされているが、この移籍は彼のキャリアにおいて、良い挑戦となる可能性が高い。


では久保がセビージャに移籍するための条件はどうだろうか?同紙の報道によると、レアル・マドリッドとセビージャはすでに移籍に向けて交渉中とのことだ。セビージャは買取オプション付きの獲得を望んでおり、レアルに買戻しオプションを提示する事で、これを受け入れさせたい様である。


久保建英はマジョルカでセンセーショナルなプレーをしたが、レアル・マドリッドに残る可能性はあまりないとみられている。EU圏外枠がミルトン、ヴィニチウス、ロドリーゴで埋まっているためだ。


この日本人はマジョルカに移籍した当初は少しばかり苦労したが、その後ビンセント・モレノ監督の下で完全なレギュラーに定着し、残留争いで大きな希望となっていた。久保は35試合で4ゴール4アシストを記録している。






以上です。

情報の出どころは“Onda Cero”でジャーナリストを務めるEdu Pidalという人物のツイッターのようですね。彼はツイッターで“セビージャが久保の獲得を望んでおり、獲得争いにおいて最有力となっている。彼らは久保がロペテギのシステムに完全に合うと思っており、さらにチャンピオンズリーグでプレーできる事は、マジョルカで良いプレーをした久保にとって良いステップだ。”とコメントしています。




セビージャは買取オプションを望んでいるともありますが、買戻しオプションを取り付ける事でレアルが応じるでしょうかね。いずれにせよチャンピオンズリーグクラブはローン移籍先としては最高でしょう。


[ 2020/07/25 16:17 ] 久保 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。