Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

バイエルン!3000万ユーロでティアゴを放出か!!?

【スポーツビルト】ドイツ紙


決断が下された!ティアゴ、3000万ユーロ以上のオファーで放出


thiago.jpg


まだティアゴとアラバの将来がどうなるのかはっきりしていない。スポーツビルトが掴んだ情報によるとティアゴに関しては決断が下されたようだ。3000万ユーロ以上のオファーがあれば移籍が認められるとのことだ。

スポンサーリンク


ティアゴやトリッソの将来がどうなるかはバイエルンの補強政策に大きな影響を与える。バイエルンが補強に動くのは、どちらかの移籍が決まってからだ。ハンスィ・フリックはもう一人サイドアタッカーを希望している。またバイエルンは、インテルからローン移籍しているペリシチに関して良い解決策が見つかる事を期待しているが、現時点では移籍金と給料が高すぎるのだ。それに加えてユース育ちのオリヴァー・バティスタ・マイアー(19歳)がチャンスを得るべきだとされている。さらに右サイドバックも探し中だ。


“基本的には、いつだって我々のチームのクオリティーを安定させることが重要だ。”とサリハミジッチは語る。“移籍市場は10月5日まで開いている。だからそれまでは扉を閉ざすことはないだろう。カール・ハインツ(ルンメニゲ)がすでに語ったように、我々は層の厚いスカッドを作るつもりだ。“と語った。



以上です。


ティアゴは移籍しそうですね。アラバは契約延長で2000万ユーロ以上の年俸を要求したとされており、契約延長が進んでいませんね。二人ともドイツ人ではありませんから、外国人選手を引きとどめるにはやはり、プレミアリーグと同等の給料を提示しないとバイエルンと言えども難しくなっているのかもしれませんね。


[ 2020/07/29 19:56 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。