Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

オサスナ地元紙!久保建英をとりまくジャーナリストとメディアの影響に注目!

【DN】オサスナ地元紙(ナバラ州)


久保の後ろにいる人たち!

kubohusa.jpg



オサスナが久保建英の獲得に動き出した。しかしこの作戦は決して簡単ではない。ヨーロッパの多くのクラブがこの日本人の獲得を望んでいるからだ。しかしそれでも久保を獲得するチャンスがあるのであれば、それを逃さないように獲得争いに挑む。

スポンサーリンク



今シーズンマジョルカにローン移籍していた久保建英は、多くの点で興味深い。スポーツ面以外での経済効果やメディアでの影響だ。


久保建英は2019年にレアル・マドリッドに加入したが、メディア、特に日本においてものすごい影響力を誇っている。彼は日本人として初めてレアル・マドリッドのユニフォームを着た選手であり、影響力は日本のサッカー界では非常に大きいのだ。


この日本人は8月22日にマジョルカにローン移籍したが、そのニュースによって、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムのフォロワー数は16万人以上も増えているのだ。


久保は9月1日のバレンシア戦でマジョルカデビューを果たし、11月10日のビシャレアル戦ではシーズン初ゴールを達成したが、このゴールはヨーロッパのリーグにおけるアジア人選手の最年少得点記録を塗り替えるものとなっている。日本のメディアは、“日本の至宝がようやくゴールした”としてこれを大きく報じている。



久保の後には、外国からのジャーナリストが常にいる。レアル・マドリッドでの最初のトレーニングには、なんと12にも及ぶ日本のメディアが押し寄せたのだ。


そしてそれはマジョルカに移籍してからも同じだった。そのため彼が一人でいるのを見つけるのが難しかった。


この日本人選手にとってちょっと謎なのが、そのような状況においても久保が地元紙のインタビューやファンの前に姿を現すことがあまりなかったことだ。それでも彼はメディアのスターとなっている。




以上です。


ドルトムントの地元紙は香川選手をとりまく日本のジャーナリストに対して批判的な見方をしていましたが、これは場所が変われば歓迎されるという事も十分にあるでしょうね。

オサスナあたりだと、こういうのも含めて獲得したいという感じではないかと思いました。





[ 2020/08/01 08:04 ] 久保 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。