Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!フンメルスが再びキャプテンに?ロイス長期離脱で再び議論!

【ビルト】

フンメルスかロイスか?


キャプテンの議論に対してツォルクがコメント

ZORC-BVB.jpg

これはドルトムントにとっては最大の痛手だ。


マルコ・ロイスが内転筋の炎症により、離脱する事が決まったが、復帰の目途はたっていない。これが意味する事は、このキャプテンがリーガの開幕に間に合う事がないという事だ。ビルトの情報によると冬休みまでに復帰できるかどうかすらわからないようだ。

スポンサーリンク


そのためファヴレはフィールド上でキャプテンを必要としている。


フンメルスがパートタイムのキャプテンになるだろうか?


実際の所フンメルスはすでに影のキャプテンとなっている。発言力があり、自己批判的、さらにチームを鼓舞できるのだ。キャプテンマークはこれを公に認めさせるものに過ぎない。すでに昨シーズン、彼はロイスとピスチェクに次ぐナンバー3だった。しかしこのポーランド人はどちらかと言えば大人しいため、フンメルスの序列が上がり、少なくともパートタイムでのキャプテンとなる可能性が高い。


ではどうしてドルトムントは彼を正式なキャプテンにしないのだろうか?


クラブは度重なる負傷にも関わらずロイスに感謝しているためだ。彼は2018年に契約を2023年まで延長し、ドルトムントの顔となったが、彼はこの時多くのクラブからオファーを受けていたのだ。


そのためミヒャエル・ツォルクはこの議論に対して、“キャプテンはマルコだ。これはドルトムントにとっては当然の事だね。”と語っている。


しかしロイスが代えのきかない存在である事はなくなってしまっている。ジェイドン・サンチョ、ジョヴァンニ・レイナ、エーリング・ハーラントの3人は少なくとも同じレベルだろう。


ロイスが復帰するとライバル争いが待っている。





以上です。

レイナは凄いですが、さすがにまだ同列に扱うには早すぎますね。ドルトムントとしてはキャプテンを変えるつもりがないとのことですが、まあそれを聞いて安心しました。



[ 2020/08/01 15:46 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。