Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

「ウニオン・ベルリン新加入の遠藤!新たな香川になるか?」ベルリン地元紙

【Tag24】

ウニオンの新加入遠藤は新たな香川となるだろうか?

endokagawa.jpg


ヘルタファンはまだ夏の補強を持っているところだが、ウニオンは勢いに乗っている。ウニオンはすでにニコ・ギーセルマン、セバスティアン・グリースベック、遠藤渓太、ニコ・シュロッターベック、そしてセドリック・トイヒャートの5人を獲得したのだ。


スポンサーリンク


そしてウニオンでは何よりも遠藤の成長に期待している。“日本の人々や若い選手達と話をすると遠藤渓太の名前が良く上がってくるんだよ。”とウニオンのマネージャー、オリヴァー・ルーネルトはキッカーにおいて語っている。そして“彼のポテンシャルはとても大きく、我々を大いに助けてくれるだろう。”と続けている


シュロッターベックやトイヒャートとは異なり、この22歳は横浜マリノスでの最後の試合で負傷したためにまだトレーニングには参加できていない。しかし通訳と一緒にチームには紹介されている。


“大事なのは彼がゆっくりとチームに溶け込むことだね。彼はそのための時間を貰うよ。”とルーネルトは語る。


サッカーファンならこの日本代表選手の名前をきいてすぐに香川真司と比べてみたことだろう。


当時ドルトムントは日本の2部から香川を獲得したが、最初のシーズンでユルゲン・クロップの下すぐにレギュラーに定着し、その後2200万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに移籍したのだ。


“当時はみんながこれは獲得失敗だ。彼は何ももたらさないよ。と言っていた。そうしたらいきなりワールドスターだ。”とルーネルトは語る。一方で期待が高まりすぎる事に対してブレーキをかけている。“選手に時間を与えなければならないよ。そしてケイタはそれを貰うだろう。時間が経って、チームに溶け込めば彼が力を発揮すると確信している。”と彼は続けた。


本来であればこのマネージャーは獲得の前に選手に自ら会うようにしているが、今回はコロナのためそれが出来なかった。そのため彼はスカウトを信じなければならなかったが、“コロナを理由に何もしない方がリスクが大きかったろうね。これは良いディールだったからね。”と彼は語った。





以上です。

これから日本からドイツにやって来る攻撃的選手は常に香川選手と比べられる事になるでしょうね。しかしこのマネージャーは、香川選手に対して移籍当時、獲得失敗だったとの見方が多かったと口にしていますが、35万ユーロで獲得した香川選手にはそこまで注目は集まっていなかったと思いますが・・・。

いずれにせよ遠藤選手には期待しています!

[ 2020/08/02 15:51 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。