Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

バルセロナ!ラウターロを獲得するためにはスアレスを放出必要あり?

【スポーツビルト】

バルセロナ
ラウターロが来るのはスアレスが移籍した時だけ!


SUASUA.jpg

トップ・ストライカーのルイス・スアレスはFCバルセロナで分岐点に立たされている。彼は2014年以来バルセロナでプレーしているが、その立場はかつてないほど揺らいでいる。なぜならバルサはすでに後継者を見つけたからだ。

スポンサーリンク


バルセロナがインテルのラウターロ・マルティネスの獲得を望んでいることは公然の秘密だ。しかしバルセロナに非常に近い“ムンド・デポルティーボ”が報じたところによると、このアルゼンチン人が移籍するのは、スアレスが去った場合のみのようである。


クラブの幹部も、給与の面などを考えてこの両選手が同時にクラブに在籍することは難しいとみている。


これが意味することはスアレスかラウターロのどちらかを選ばなければならないという事だ。バルサが望む選手を獲得するには、同時にスアレスを放出しなければいけないのだ。



バルサはコロナの影響で経済的に厳しい状況にある。スター選手のためのお金が足りていないのだ。今の状況ではコウチーニョやラキティチを放出しない限り、選手の獲得に動けないとされている。インテルはラウターロの移籍金としては8000万ユーロから1億ユーロを希望しているとされている。


“ムンド・デポルティーボ”が報じたところによると、バルサはすでに別なシナリオでラウターロと合意に至っているとのことだ。仮に今シーズンの獲得がなかった場合は、ラウターロはもう一年インテルでプレーし、来シーズンバルサに加入する事となっているようだ。バルサはそれまでにコロナが収まり経済的に再びアクティブになれることを期待している。


スアレスにはアメリカからオファーが来ているようだが、まだそのオファーに応じるつもりはないようだ。スアレスの契約は2021年までとなっているが、パフォーマンスが良ければ一年間延長されることとなっている。
バルサが望むシナリオは、来年夏にスアレスを放出し、後継者としてラウターロを獲得することだ。






以上です。

ヨーロッパでもコロナの感染者がまた増え始めていますから、場合によってはまたロックダウンになる可能性もあると思います。そうなると選手の移籍にも大きな影響を及ぼしそうですね。



[ 2020/08/06 16:39 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。