ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》マン・ユナイテッド、バイエルン、ミュラーに2倍の給料を提示か!【ビルト】


本日のビルトより、バイエルン、移籍関係の記事になります。





トーマス・ミュラーはマンチェスターユナイテッドでは税抜き1000万ユーロを稼ぐ。


マンチェスター・ユナイテッド、ミュラーの給料を2倍にするつもり!


20150814172155081.jpg


ファン・ハールは手を緩めない!

マンチェスター・ユナイテッドの監督はバイエルン・ミュンヘンのスター、トーマス・ミュラーを熱望している。未だにイングランド人は手を緩めず、この世界チャンピオンをイングランドに連れてきたいと思っている。



それも信じられない給料で!!ミュラーは一年で1000万ユーロ以上稼ぐことができるようだ。しかも税抜きで!!“キッカー”がこのように伝えた。彼の現在の年俸は税込みで850万ユーロだと見られている。と言うことは、ファン・ハールの下では彼は2倍もの給料を手にすることになる。



このオファーはミュラーに敬意を払ったものである。しかしユナイテッドに対してバイエルンは未だに話しに耳を貸さないようである。


ミュラーを売ることはできない!!


ボスのルンメニゲは:“値段がつけられない選手がいるが、ミュラーもその一人だ!”と語った。

20150814172156f78.jpg

ミュラーはファン・ハール監督の元でバイエルンで頭角を現した。ファン・ハールが彼をアマチュアからプロへと連れてきたのだ。当時、このオランダ人は“ミュラーはいつもプレーする!”と語っている。


おそらくこのワールド・カップ優勝者がバスティアン・シュヴァインシュタイガーの隣でプレーするチャンスはないであろう。

スポンサーリンク


シュヴァイニはこの夏にバイエルンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、今の所非常に居心地良く感じているようだ。もちろんまだ100%の状態ではないが。“常に良くなっているし、来週には100%の状態になるだろうと期待しているよ。”と彼はマンチェスター・ユナイテッドのインタビューで語っている。


シュヴァイニは“チームの同僚が僕の事を助けてくれたよ。レストランやゴルフ場を見つけてくれたりとね。でも最も重要なのは今シーズンを成功させることと試合に勝つことだね。”



entry_img_527.jpg





以上です。


バイエルンがミュラーを出すとは思えませんが、グアルディオラの下では途中交代させられることが多いですから、今シーズンどうなるかが見ものですね。

シュヴァインシュタイガーはドイツ人として初めてマンチェスター・ユナイテッドでプレーするそうですね。なので今シーズンはユナイテッドでの同行も注目されています。ここでもユナイテッド関係も取り上げることがあるかもしれません。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_3591.jpg

雑貨屋の入り口に何とも可愛いウサギのカップル
ドレスデンの猛暑も天気予報によると今日までだそうです。もう少しの我慢です。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/14 19:00 ] バイエルン | TB(-) | CM(1)
No title
ミュラーは次のシュバイニーだから今は非売品だと思う。移籍市場見ても毎回雑誌の記事を埋めてるなーとしか思わないけど、30代になったら移籍とかあるかも?でもバイやん一筋なイメージが
[ 2015/08/14 19:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。