Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

バイエルン!ミュラー!「ブラジル戦の7:1よりも良かったね!」と8:2のバルサ戦を語る!


【ビルト】

バイエルン対バルサ!

ミュラー!7:1よりも良かったね!


muramuraoiu.jpg

歴史的!巨人のよう!そして信じられない!


バイエルンはチャンピオンズリーグでバルセロナを8:2で下した。信じられない試合だ。そしてこれはドイツサッカー界にとっても国際レベルで新たな歴史となった。

スポンサーリンク


しかしバイエルンが圧倒したこの試合は2014年のワールドカップ準決勝のドイツ対ブラジル戦を思い起こさせる。ドイツが7:1で勝利したが、本来であれば同レベルの対戦相手だったのだ。


当時は29分で5:0となっており、今回は31分で4:1だった。どちらの試合も圧倒的なプレーをしている。


このどちらの試合にも出場していたのがトーマス・ミュラー、ジェロム・ボアテン、マニュエル・ノイアーの3人だ。ミュラーはどちらの試合でも得点している。それでもこのバイエルンの選手はこの二つの試合に大きな違いがあると見ている。


ミュラーは7:1の試合を思い出すか、との質問に対して、“そんなことはないね。ブラジル戦では僕たちはそれほど試合をコントロールしている感じじゃなかったよ。当時の僕たちは良かった事は確かだけれど、単にそういう結果になってしまったんだ。今回は僕たちは対戦相手を圧倒しようと思っていたし、この試合で自分たちの足跡を残そうと思っていた。そして僕たちは圧倒的だった。”と語っている。


これが意味する事は、6年前のドイツ代表の時よりも、バイエルンの方が良いという事だ。


バイエルンのフリック監督も2014年のワールドカップに助監督として参加していた。“私を知っている人なら、過去を振り返る事はあまりない事を知っているだろう。今は自分たちの素晴らしい試合を喜ぶだけだよ。”とフリックは語る。


そして、“チームに大きな賛辞を送りたいね。90分に渡って高いインテンシティをキープするのは素晴らしい事だ。これが我々のメンタリティーだよ。これは完全にチーム精神だ!”


2014年、ドイツ代表はタイトルを獲得したが、これも共通するだろうか・・。




以上です。

ミュラーの発言はなかなか興味深いですね。ブラジル戦は自分たちでもわからないうちにうまく行ってしまったという感じでしょうか。それに対して今回の試合は自分たちがしっかりとコントロールした結果だと感じているみたいですね。

[ 2020/08/16 05:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。