ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 マリオ・ゲッツェ 将来を語る! 最新インタビュー ②

今日最大の注目のシンジ対決は岡崎選手がゴールを決めて勝利しましたね。BVBファンの管理人にとっては残念な内容でしたが、丸岡選手がデビューしたりと、他にも見所のある試合でしたね。

今日は管理人の自宅周辺は非常に激しい雷雨で、試合中に衛星放送が見れなくなってしまうというハプニングがありましたが、ブンデスリーガを放送しているSkyはインターネットでも配信しているのに気が付き、なんとか見ることができました。

岡崎選手の快進撃は早くも話題になっているようです。

すでにいくつかの新聞記事に取上げられています。それらから面白いものをいくつか吟味して、本日夕方以降にでも紹介したいと思います。

まずは、昨日の続きである、マリオ・ゲッツェの記事の続きをアップしたいと思います。

スポンサーリンク


goetze-1260.jpg

あなたの同僚のマリオ・ゴメスは先週アルゼンチン戦(2:4)でファンから口笛を吹かれましたね。(訳注:指笛を鳴らすことはブーイングと同様の意味)しかし彼はすでに代表で多くのゴールを決めています。それに対する感謝はもうないのでしょうか?

今回の出来事を見る限り、ない、と言えると思います。僕らの代表トレーナーも試合の後で、こうした口笛に対する不理解を示しました。だけど、全てのファンがこうしたことをしたわけではありませんし、一部のファンがやった事だという事もわかっています。僕はマリオがまたゴールを決めることを確信しています。



代表戦の後で再びバイエルンに戻りますが、そこでの競争は激しくないですか?


もし全ての選手のコンディションがよければ、競争はとても激しいです。いずれにせよ僕達は大きな目標を持っています。そこでは多くのプレーヤーが大きなクオリティーを持つことが重要です。


トレーナーのペップ・グアルディオラはあなたと既に新シーズンに対して話をしたと思いますが、あなたはどういった所を改善する事ができますか?


彼は細部まで目を配るトレーナーです。シュートに関することとか、戦術に関することとか、向上する部分はまだあります。

もし怪我をしていなければ、さらに良かったですか?

‘さらに’とはどんな意味ですか?このような負傷から得られた経験は、特に僕の個性や考え方において、良いものとなりました。

いつまでプレーし続けたいですか?


できるだけ長く。ミロスラフ・クローゼは36歳ですがまだ現役です。それまで僕には14年もあります。これからどうなるか、どこに導かれるか、待たなくてはなりません。



一度は外国でも?


僕は今バイエルンにいること、ドイツにいることをとても、とても嬉しく思いっています。だけどあと14年もプレーできるとするなら、外国でプレーするのも悪いことではないですね。個人的に外国はとても魅力的ですし、それに対する良い例もたくさんあります。だけど、それに対する具体的な考えは今のところありません。


親友のマルコ・ロイスとも一緒にバイエルンでプレーしたいですか。


すでに代表で一緒にプレーしてますし、僕達はお互い補い合うことができます。だけど、こうした事は僕の事情ではなくマルコの事情です。


ロイスは、香川の帰還によってさらに強くなったBVBでプレーしています。この移籍をどう評価しますか?。


彼の帰還は素敵な事ですね。ドルトムントでも彼とはお互いに良く理解しあっていました。ブンデスリーガとドルトムントにとっては良いことだけですね。





以上です。かなり言葉を選んで注意深く話しているな、という印象を受けました。

先日ドルトムントのホームで行われたドイツ代表対スコットランド戦においては、代表戦であるにもかかわらず、ブーイングがありました。禁断の移籍を犯したゲッツェですが、代表戦であった事と、彼が当時若干20歳であった事などを考慮すると、こうした扱いは正直フェアではないと思いました。

いずれにせよ、こうした若い才能がさらに成長することを願っています。
[ 2014/09/21 06:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(6)
No title
ゲッツェは本当にいい選手なのになあ
香川とはいいコンビだったのにもう見られないのは残念
[ 2014/09/21 09:16 ] [ 編集 ]
管理人様、いつもこちらではなかなか得られない情報を提供頂きありがとうございます。
代表戦でゲッツェにブーイングかぁ。ってことは、W杯の決勝点も複雑な気持ちのドルサポがいたのかもしれないですね。クラブに対する愛が半端ないですな。
[ 2014/09/21 12:12 ] [ 編集 ]
No title
確かにどの角度から聞かれても不快にしない配慮をしたコメントだね。
[ 2014/09/21 13:41 ] [ 編集 ]
No title
若いのにしっかりした受け答えですね
[ 2014/09/22 04:36 ] [ 編集 ]
No title
ゲッツェと香川は連絡取っているのかな
飯くらいは行ったのだろうか気になる
[ 2014/09/22 05:10 ] [ 編集 ]
No title
慎重に言葉を選んでいる受け答えだと本当に感じました
何だか痛々しい代表戦でもブーイングされたんですか…
ゲッツェ頑張れ(・ω・)ノ

いつも面白い記事ありがとうございます
日本は朝晩すっかり冷えてきましたドイツはどうですか?
くれぐれもご自愛下さい、記事の更新楽しみにしています。
[ 2014/09/22 10:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。