Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

「ひどいパネンカと40歳の英雄!エルチェが香川を苛立たせる!」ドイツ紙

【キッカー】


ひどいパネンカと40歳の英雄!エルチェが香川を苛立たせる。

dkjhr.jpg


一部昇格をかけたプレーオフの決勝が決まった。エルチェとジローナが20日と23日に対戦するのだ。プレーオフ準決勝の後で、サラゴサのハビ・ロスとアルメリアのオーナー、トゥルク・アル・シェイフにとっては眠れない夜となるだろう。


スポンサーリンク



エルチェとサラゴサは準決勝の第1試合、エルチェが1時間程10人でプレーしたにも関わらず0:0の引き分けとなっていた。元ドルトムントの香川真司がスタメンで出場したサラゴサだったが、セカンドレグでホームの利点を活かすまでには至らなかった。サラゴサはいくつものゴールチャンスを逃したが、その中には51分に香川が放ったバー直撃のシュートも含まれている。


そして81分にはなんと40歳の選手が16メートルの距離からゴール左へと決めて先制したのだ。


しかしその後、サラゴサは試合をひっくり返していたかもしれない展開となった。しかし途中出場のハビ・ロスが87分に与えられた同点ゴールとなるPKを外してしまったのだ。しかも単に外しただけではない。彼はパネンカのようにボールを中央に蹴りこんだのだ。


本当に愚かなことに、キーパーのバディアはただ中央で立っているだけで良く、このボールを簡単に掴んでいる。


※以下ジローナ戦は省略!




以上です。

スペイン2部のプレーオフがドイツでも話題となっていましたが、何よりもあのパネンカに焦点が当てられていました。

キーパーの裏をかくわけですから、しっかり隅を狙ってシュートを打ってくると思わせられないと難しいですよね。



[ 2020/08/18 05:52 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。