Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツ紙!香川らドルトムント優勝メンバーの現在を特集!

【ビルト】

2011年の優勝メンバーはどうしている?

bvb20112.jpg

今から10年前、ドイツ中がこのチームに恋をしていた。

2010/2011シーズン、ドルトムントはユルゲン・クロップ監督の下で優勝を果たしたのだ。この若いチームはドルトムントファンだけでなく、多くの人々を魅了したのだ。

しかし当時のトップレベルでプレーしている選手は少なくなった。何よりも当時高かった選手ほど苦労している。


では当時5試合以上プレーしたメンバーは何をしているだろうか?

スポンサーリンク


▶ヴァイデンフェラー(40)

2018年に引退し、それ以来RTL放送の解説者として活躍している。


▶シュメルツァー (32)

彼は今でもドルトムントに在籍しているが、チームでの最高齢の一人だ。しかしほとんどプレーしていない。


▶ケ―ル(40)

この元BVBキャプテンは現在ドルトムントのプロ部門の部長を務めている。


▶スヴェン・ベンター(31)

ここ3年レヴァークーゼンでプレーしているが、そこでセンターバックとして完全にレギュラーを務めている。ドルトムントでは6番だった。


▶グロースクロイツ (32)

2014年にワールドカップで優勝しているが、現在3部のユアディンゲンでプレーしている。そこでも放出候補とされており、将来は未定だ。


▶バリオス(35)

彼は当時ドルトムント最高の点取り屋だった。彼は現在故郷のアルゼンチンのギムナシアでプレーしている。ドルトムントを退団してすでに10年だ。



▶ズボティチ (31)

当時、ゲッツェ、フンメルスらとチームで2番目に市場価値が高かった。。最近ではウニオン・ベルリンを退団し、まだ所属先は決まっていない。


▶オヴォモイェラ (40)

2014年までプレーしていたが、彼は今はドルトムントの大使だ。またクラブラジオなどで司会も務めている。


▶フンメルス(31)


またドルトムントに復帰し、今でも国際レベルでプレーしている。


▶ダ・シルヴァ(42)

このフリーキックのアーティストは2013年までプレーしたがデューイスブルクで引退している。


▶レヴァンドフスキー(31)


当時の彼はバリオスのナンバー2扱いだったが、今は世界1だ。バイエルンでものすごい得点を挙げている。

▶ブラシコフスキー (34)


観客の人気者は2018年に故郷のクラカウに移籍している。彼はそこで得た給料のすべてを寄付している。

▶モハメド・ジダン (38)

クロップのお気に入りは優勝したシーズンの1月にマインツに戻っている。そこで彼は2016年までプレーした。


▶シャヒン (31)

彼は当時チームの司令塔として、2000万ユーロで最も市場価値が高かった。ここ最近ブレーメンで2年プレーしたが、契約延長はなかった。彼はポドルスキーがいるトルコのアンタルヤスポールに移籍している。


▶デデ (42)


負傷のためたった4試合しか出場しなかったが、このリストから外すことはできない。ドルトムントのレジェンドは2014年に引退している。今もドルトムントのレジェンドチームとしてプレーしている。


▶ゲッツェ(28)

当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、今は谷底だ。当時2番目に市場価格が高かった選手だが、ズボティチと同様所属先がない。


▶フォイルナー (38)

2019年までアウグスブルクでプレーし、彼はそこで2部チームの助監督をしている。


▶ 香川真司 (31)

この日本人も最良の時はもう過去のものとなった。現在この日本人はスペイン2部のサラゴサでプレーしているが、そこではレギュラーに定着していない。


▶サンタナ (34)

ここ2年間プレーしていなかったが、6月からブラジル2部のシャペコエンセでプレーしている。


▶ピスチェク (35)

ドルトムントにずっと在籍し、今でも定期的にプレーしている唯一の選手だ。重要なリーダ的存在。






以上です。

このメンバーでドルトムントに残っているのはもうシュメルツァー、ピスチェク、フンメルスの3人だけですね。まあ10年もすればこうした変化も当然の流れでしょう。

それにしても当時のメンバーがいかに若かったのかが良く分かりますね。





[ 2020/08/23 05:45 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。