Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト!「鎌田が延長するために全力を尽くすよ!」ヒュッター監督は残留の助言

【ヘッセンシャウ】

アイントラハト!鎌田大地の延長実現のために戦う!

kamada2224.jpg


鎌田大地はまだ契約延長オファーにサインしていない。監督のアディ・ヒュッター監督が直接この日本人に話をすることになったようだ。はっきりとした助言付きで。


一般社会であれば、被雇用者は上司の言う事を聞くべきとされている。仕事においてはそれでうまく行くことが多いのだ。もしアディ・ヒュッター監督が鎌田大地に助言を与える事にしたら、効果があるかもしれない。しかしこの件に関してはそう簡単ではない。なぜなら契約延長に関する話だからだ。

スポンサーリンク


はっきりしているのは、現在契約延長が進んでいないという事だ。アイントラハトは鎌田と延長したがっている。しかしまったく進んでいない。鎌田の契約は2021年の夏までとなっており、さらに2年間の延長オファーが提示されたとみられている。しかしどうなるかは未定だ。


“私は彼に残るように助言するだろう。”


すでに7月の段階でビルト紙が、交渉が進んでいない事を報じていた。その理由はこの24歳の代理人だ。そのためヒュッターは長い事待つ事となっている。そしてヒュッター監督は記者会見において、直接鎌田にメッセージを送っている。“彼に残るように助言するだろう。”と彼は語ったのだ。



また彼はその重要性について、“大地の契約が延長される事がほぼ最も重要な事柄だね。”と語っている。その理由は簡単だ。“彼はこの1年で、我々がどうして彼を引き留めたがっているかを示したからね。彼の成長は良いものだったよ。”とこの監督は語っている。


そのためには一日でも早くサインされなければならない。


“もちろん我々は彼がここに残るように全力を尽くすよ”と監督は語るが、ここフランクフルトなら、昨シーズンの活躍が一度限りの物ではない事を示すことができるだろう。この監督はそれに向けて一緒に歩みたいと思っている。鎌田は直属の上司の意見を聞くべきだ!





以上です。


個人的には気に入ってくれている監督の下でプレーするのが一番良いと思いますが、どうなりますかね。他に良い所からオファーが来ているのであれば話は別ですが・・。


さらに待たせる事によって、良い条件を引き出せる可能性もあるわけですが、フランクフルトが態度を変えてしまう可能性もありますので、その辺の見極めが重要ですね。交渉の仕方は国によっても大分違いますから、日本人代理人にはその辺を読み誤らないでもらいたいですね。





[ 2020/08/24 18:45 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。