Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

レヴァンドフスキー!「夢が叶った!」CL優勝トロフィーをベッドに持ち込む!

【スポーツビルト】

“夢を叶えた!”
レヴァンドフスキー!優勝トロフィーをベッドに持ち込む!


levi334.jpg


最後の笛と同時にレヴァンドフスキーにかかる大きな重みもなくなった。このポーランド人は沈み込み、拳を叩きつけながら涙を浮かべて喜びの雄たけびを上げたのだ。彼はチャンピオンズリーグ優勝という夢を叶えたのだ。その後彼は優勝トロフィーを手放したくなかったようで、ベッドにまで持ち込んでいる。

スポンサーリンク


“このように目が覚めた。”とレヴァンドフスキーはインスタグラムに写真と共にコメントを掲載している。




また彼はPSGに1:0で勝利した後で、“今どう感じているのかを言うのは難しい。喜びは大きいし、ハードに取り組んだ結果、ようやく達成する事ができた。全試合に勝ったし、歴史に名を刻むことができた。自分たちが見せたサッカーに誇りを持っている。”とポーランド新聞において語っている。


“夢を叶えることができた。子供のころからこのトロフィーが欲しかったんだ。このトロフィーは家族、妻、子供達、そして亡くなった父に捧げたいね。”と彼は声を震わせながら語っている。



この32歳の今シーズンは本当にすごいものだった。彼は3冠を達成しただけでなく、そのすべての大会で得点王に輝いたのだ。ブンデスリーガで34点、ポカールで6点、そしてチャンピオンズリーグで15得点だ。



カール・ハインツ・ルンメニゲもこの攻撃選手を絶賛する。“ロベルトは素晴らしいシーズンを送ったね。これまでのキャリアで最高だ。彼がFIFAの年間最優秀選手になる事を願っているよ。”と語っている。


これまではPSGのネイマールにも受賞のチャンスがあるかとされていたが、PSG戦で勝利したことによって、もうこの受賞を遮るものは亡くなった。“受賞は行われると思うよ。ジャンニ・インファンティーノと話をしたからね。”とルンメニゲは明かしている。







以上です。

レヴァンドフスキーはドルトムント時代に2冠を達成し、チャンピオンズリーグ決勝まで進みましたから、バイエルン移籍はやはりCLで優勝するため、という部分も大きかったと思います。それが7年経ってから実現したわけですからね。優勝出来て本当に良かったですね。



[ 2020/08/25 16:41 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。