ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ミキタリアン、元クラブとの役割の違いを語る!ビルトインタビュー

本日のビルトにミキタリアンのショートインタビューが掲載されました。その中ではシャフタール・ドネツクとの役割の違いなどにも触れられており、興味深かったので紹介したいと思います。






BVBスター ヘンリク・ミキタリアンがブンデスリーガを脅かす


僕はもっと良くなるよ!

entry_img_535.jpg


ヘンリク・ミキタリアンがBVBに来てからようやく本格的に始動した。クロップの永遠の心配の種がトーマス・トゥヘルの下で突然花開いたのだ!!!



ドルトムントの新たなスーパー・スターは公式戦全12ゴール中、9ゴールに絡んでいる。現時点ですでに昨シーズン以上の得点数だ!



そしてビルトのインタビューで彼はもっと良くなるだろうと約束してくれた!



ビルト:最近のあなたにいったい何が起こったんですか?説明してくれませんか?昨シーズンの姿とは見る影もありませんが・・・・。


ミキタリアン:(笑いながら)僕たちは良いトレーニングをしたんです・・・。今は単に自信にみちていますし、みんなからの信頼も感じています。僕は、やっと自分の正しいプレーを見つけることができて只々幸せなんです。


スポンサーリンク


20150819051002b46.jpg


ビルト:あなたの現在の状態は、2013年に2750万でBVBに移籍する以前のドネツクにいた時のような状態でしょうか?



傲慢に聞こえないと良いのですが、その時よりも良くなると思っているんですよ!



ビルト:なんですって!!!?


ドネツクではよりゴールを決める事に集中していたんです。僕のブラジル人のチームメートがプレーメークを担っていましたから。ドルトムントではプレーメークをし、アシストをし、そしてゴールしなければなりません。僕はここでは全ての事ができますし、本当にやれやれですが、今はこの要求を満たすことができますね。もちろんこれからもこう続くことを願っていますけど。


ビルト:あなたはこの試合中に、成功したプレーでスタンディングオベーションをもらっていましたね・・・・。



ほんとうに鳥肌が経つような雰囲気でしたよ。僕は82000人ものファンたちが支えてくれて感謝しています。そしてそのお返しにグラートバッハを相手に4:0の勝利をプレゼントすることができて嬉しいんです。






以上です。



ドネツクでは20ゴール以上をあげていたミキタリアンですが、もともとゴールをする役割だったんですね。


さすがにドネツクの試合は見ていませんでしたので、その辺は良くわかりませんでしたが、ドルトムントではゲッツェの代わりを求めた、ということでしょうか。


昨シーズンはパスをしない事で良く批判されていましたが、ドネツク時代に貰うことに集中してたのであれば、それも何となく分かるような気がします。


この前の試合での彼は香川選手よりも高い位置でプレーしていましたが、もしかしたらこの位置のほうが彼にあっているのかもしれませんね。昨シーズンはそれが逆の事が多かったですし。

とにかくチームが噛みあいだしたのは嬉しい事です。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_2222.jpg

IMG_2261.jpg

ザクセンスイス国立公園
ドレスデン近郊には素晴らしい自然を満喫できる自然公園があります。週末は天気が良いらしいのでハイキングにでも行ってみたいです。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/19 06:05 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(9)
なんかコントみたいなインタビューで面白いですね。笑
[ 2015/08/19 07:46 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルでけええ
屈んでるのにミキタリアンより遥かに高い
[ 2015/08/19 07:55 ] [ 編集 ]
No title
トップ下のゲッツェの変わりとしてムヒを獲得したのは確かでしょう!
クロップのドルトムントのトップ下はやることが多すぎましたからね
[ 2015/08/19 10:38 ] [ 編集 ]
No title
なんですって!!!???
[ 2015/08/19 11:31 ] [ 編集 ]
No title
これは元から言われてましたね。もともとセカンドストライカーでやってたから、ゲッツェというより、1年目の香川っぽいとシャヒンがいってた記憶が。でもドルでは両方やらなきゃいけないんですよね、状況に合わせてゲームメイクとストライカーを。ゲッツェもそこで批判されてた感じですし、パンクした感じでしたね。

今季の躍進は難しいタスクではなくて、点を取る事だけにうまく集中させた事だと思います。
[ 2015/08/19 12:42 ] [ 編集 ]
でもミキはトップ下希望だったんですよね。
繋ぎ役が出来ないから向いてないと思うけど。まあトゥヘルの戦術にはまったので今はサイドで満足してるでしょう。
[ 2015/08/19 17:23 ] [ 編集 ]
No title
ドネツクのゲームメーカーはとても優秀でした。私はその献身的なゲームメイクをしていたブラジル人を獲得するほうがゲッツェの代役をこなせるだろうと思ったくらい。
ミキタリアンは言葉では色々出来ると言ってますが、プレーから判断して彼はストライカーです。
彼はMFではなくCFで使うほうが面白いでしょうね。
[ 2015/08/19 19:55 ] [ 編集 ]
No title
ミキはボールもったら放したがらないけど、前後からはさまれてもボール持てるわけでもないからウイングの選手だよね。今、点取れてるのは前のシーズンみたいにゲームの中あれこれやらなくていいようになったからね。あれこれやるのは香川の役になっちゃったから攻撃に集中できるのがよいのかもね。
[ 2015/08/19 21:07 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルは選手を生かすのが巧いな。
[ 2015/08/28 13:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。