Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

サラゴサSD!香川の将来について語る!「監督の前で力を証明するチャンスはある!」

【Eldesmarque】

香川、ニエト、ラスレ!“どの選手も経済面に貢献する可能性はあるね”

kagawarres.jpg


レアル・サラゴサのスポーツディレクターのラロ・アランテグイは新加入のフアニョ・ナラベスのプレゼンテーションに登場したが、そこで香川やニエト、ラスレ、パプナシビリ等、特定の選手の将来についても言及している。彼は、“どの選手も経済面で貢献する可能性はあるね。(※クラブの経済ために放出)”と語ったが、これが意味する事は新加入を覗いては、誰一人として放出の可能性がないわけではないという事だ。

スポンサーリンク


“市場は10月5日まで開いているから、時間はある。クラブを去らなければならない選手は何人もいるね。でもみんな新たな監督の下で残留に値する事を示すチャンスを得るだろうね。何人かにはオファーも届いているが、何が選手にとっても良いのかを考えないといけないね。今シーズンは典型的ではないね。スカッドは溢れかえっているから、放出はサラゴサの規則に則って行われるよ。”とアランテグイは語っている。



また彼は、コロナに感染したバラハが戻ってくる事に関しては、“これまでは彼の不在は特に気にならなかった。今日が最初のグループトレーニングだからね。何人かの選手は非常にフィジカルだね。ルベン(バラハ)は来週にもトレーニングに加わるだろうね。(※後略)”と語っている。


香川真司の移籍に関して

“香川は日本でのビザ問題も解決して明日到着する予定だ。彼も監督の下で力を証明するチャンスを得るよ。でも我々は経済的にみて、それに見合うものが必要だ。どの選手もそのために貢献する(移籍金と引きかえに移籍する)可能性はあるね。試合が始まるまでにそれぞれの選手を査定する事になるだろう。”


ニエトについて


“我々には3人のサイドバックがいる。カルロス・ニエトはチームでも興味深い選手のカテゴリーに属しているよ。彼もポジション争いに影響を与えるだろう。でも唯一確かなポジションをがあるのはペップ・ハバリアだけだ。市場は長く開いているけれどまだ動きはない。パプナシビリにはスペイン外からオファーが届いているから、来シーズンここにいるかはわからないね。”

※以下他の選手に関するコメントは省略





以上です。

香川選手の残留はトレーニング次第となるようですね。どの選手にもクラブに経済面で貢献する可能性があるという事ですが、最初はこの文章が何を意味するのかちょっと良く分かりませんでした。ただこの文章が3回出てきましたので、文脈からこれが意味する事は、移籍金と引き換えに放出となる事だと理解しました。







[ 2020/09/05 07:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。