Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ブンデス一部ビーレフェルト!日本代表の堂安をローン移籍で獲得!!地元紙

【ヴェストファーレン新聞】

ミリオンの男!堂安律がやって来る!

doan ritsu3


オレンジが白と青を圧倒している。リーガ開幕を2週間後に控え、アルミナ・ビーレフェルトでオランダ色が濃くなっている。まずはオランダからマイク・ファン・デア・ホルンを獲得したが、アイントホーフェンから堂安律の獲得はもう時間の問題だ。そしてリーガ開幕前となる最後のテストマッチではオランダ一部のグローニンゲンと対戦する。

スポンサーリンク


いずれにせよこの金曜日に最も大きなニュースとなったのが堂安だ。この日本代表は2019年の夏になんと700万ユーロでグローニンゲンからアイントホーフェンに移籍している。そして今すぐにビーレフェルトでプレーする事になっている。金曜日の時点では両クラブ共にまだ公式に認める報道はしていない。しかし決まるのは時間の問題だ。



この日本人の市場価格はトランスファーマルクトによると630万ユーロだ。これまでアルミナで最も価値が高かった選手はマルセル・ハルテル、アモス・ピーパー、そしてアンドレアス・フォーグルザマーの250万ユーロとなっていた。さらに人気の面でも堂安律は上だ。彼のインスタグラムのフォロワー数はなんと208000人もいるのだ。これはアルミナ・ビーレフェルトのフォロワー86000人のほぼ2倍だ。


このミリオンの男はいずれにせよ昨シーズンオランダ一部で期待ほどの活躍を見せる事がなかった。ビーレフェルトはこの一年間彼をブンデスリーガでプレーさせることで成長させたいところだ。


この移籍はアルミナにとっても良いものだ。当紙の情報によるとアルミナは移籍金を支払わないとのことである。それに加えて堂安の給与はビーレフェルトの予算に見合うものとなっている。


※以下ビーレフェルトのセンターバックに関する内容なので省略





以上です。

まだクラブツイッター上では移籍の発表はありませんが、ほぼ確実だと報道されています。
一部昇格組と言う事で残留を目指して戦う事になると思いますが、堂安選手をドイツで見る事ができるのは楽しみですね。これで1部でプレーする選手が今シーズンはシュトゥットガルトの遠藤選手、ウニオンの遠藤選手、そしてビーレフェルトの堂安選手と3人増えましたね。






[ 2020/09/05 16:29 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。