Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

南野!テストマッチで先発出場し1ゴール1アシストの活躍!クロップも絶賛!

【Echo】

ユルゲン・クロップ!南野拓実を称える!リヴァプールのミスにも言及


ユルゲン・クロップが7:2で勝利したブラクプール戦後に語った!



minaminoklopp.jpg


ユルゲン・クロップはプレシーズンでの状態を新シーズンへと持っていくべく、南野をサポートしている。南野は土曜日に行われた7:2で勝利したブラックプール戦で輝かしいプレーを見せたのだ。

スポンサーリンク


この日本代表選手はロベルト・フィルミーノの後ろの10番の位置でプレーしたが、1ゴール1アシストを記録している。試合はリヴァプールが2点を先制されたが、その活躍により持ち直し、最終的にプレミアリーグに向けた新スタイルで準備を良い形で終えている。


この25歳は、プレミアリーグで優勝メダルを獲得したものの、出だしは大人しいものだった。しかし先週末のコミュニティーシールドではリヴァプールで初ゴールをあげるなど、非常に記憶に残る一週間となっている。


そしてクロップも前半こそはそこそこの出来だったが、その後パフォーマンスを大きく向上させたことで南野を絶賛している。


“彼がこれで自信をつけてくれると良いね。それが望むものであることは明らかだね。”とクロップは試合後に語っている。“タキにとっても我々にとっても重要な事だよ。でも大事なのは総合的なものだ。私はパフォーマンス全体を考えているよ。”


“すべてが機能すれば、その後で個人でも輝く事が出来る。そういうものだ。でも最初から個人的な事ばかり考えているとうまく機能しないんだよ。”


“我々はサッカーで勝つために取りくまなければならない。誰が点を取るかは重要ではないよ。でもでもここ7日か8日はタキにとっては本当に良かったね。もちろん。”



しかしそれでもクロップはリヴァプールのパフォーマンスに満足してはいない。そして前半のミスについて言及している。


“それは我々にアグレッシブさが足りなかったからだね。この試合に賭ける思いも欠けていた。我々の失点はミスだけれど、これはプレシーズンの典型的なものだ。”


“思うに、これまでの失点はみんな似たような状況で起こっているね。組み立てでボールを失い、相手のカウンター攻撃だ。これは相手にとってはチャンスだからね。これは分かっているし、こうしてはならないのははっきりしている。”


“これは向上させなければならないね。だけど、まだ疲れをとるのに1週間ある。そうしたらインテンシティの高い週が始まるよ。この一週間を利用しなければならない。”


“私はいつだって、フレッシュな足で試合に臨めるフレッシュな選手を望んでいる。でもそれはプレシーズンでハードに取り組んだ時だけ、機能する事だ。まあそれが我々が取り組んできた事でもある。”





以上です。



南野選手がプレシーズンマッチで引き続き結果を出しましたね。この試合ではリヴァプールは南野選手をトップ下にした4231を採用しましたが、これが新たなオプションとなると本当に楽しみですね。



[ 2020/09/06 04:25 ] 南野 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。