Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

海外メディア!「今年は南野の年だ!ゴールとアシストで20以上は記録するだろう!」

【Fansited】アメリカスポーツメディア


南野拓実はリヴァプールの移籍政策における回答だ!!

minamino6677.jpg



リヴァプールはプレシーズン4231に取り組んできた。


これはユルゲン・クロップが2018/19に定期的に採用してきたフォーメーションで、その時はシェルダン・シャキリがロベルト・フィルミーノの後ろでプレーしていた。

スポンサーリンク


このブラジル人の自由なプレーによって、シャキリが前に出る事にもなり、その結果バーンリー戦やアーセナル戦でゴールが生まれている。


そしてどうやらユルゲン・クロップが再びこのフォーメーションを採用しようとしているようだ。そのポジションではジョーンズや南野拓実がプレーしているが、このリヴァプールの日本代表選手は現在素晴らしい選手であることを見せている。


彼はシュトゥットガルト戦で力を発揮し、その後コミュニティーシールドのアーセナル戦で同点ゴールをあげている。さらに7:2で勝利したブラックプール戦でも同点ゴールをあげているのだ。


そこで一つの疑問が頭をよぎる。南野拓実こそが、ファンが獲得を望んでいた創造的な頭脳となるのだろうか?そして彼こそが我々が長い間待ち望んでいた、多様なオプションなのだろうか?


彼はその両方を満たすポテンシャルを持っている。昨シーズンはいささかクオリティーに欠けていたが、それでも彼はまるで犬のように一生けん目に働き、クラブのために情熱を見せている。


これらが見られたのはフィールド上だけではない。彼はチームメートとコミュニケーションを取るために中断期間中に英語を学んでいる。


南野には前線の素晴らしい3人をカバーするだけのクオリティーがあるだろうか?そして彼はうまく彼らに合うだろうか?これは南野が移籍してきた時、最も大きな心配ごとだった。


しかしプレシーズンにおいて、南野はどうしてリヴァプールが725万ポンドで1月に獲得したのかを証明している。


南野は9番、10番、8番、11番としてプレーしているが、そのクオリティーにはばらつきもある。しかし彼は完璧なカバーだ。もしかしたら彼がリーズ戦で先発する事はないかもしれないが、彼が輝くのは時間の問題だろう。


私の言葉を覚えておいて欲しい。南野は今シーズンゴールとアシストを20以上記録するだろう。今年は南野の年だ!





以上です。

Fansitedの記者が南野選手の活躍をスコアポイントで20以上と予想しました。クロップがどういった場面で4231を採用するかにもよると思いますが、それがはまれば10番として先発出場のチャンスが一気に増えるかもしれないですね。

[ 2020/09/09 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。