Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

長谷部!鎌田のフランクフルト残留を確信!「残留が彼にとって最高の決断となるだろう!」

【ビルト】

長谷部!鎌田の残留を確信!


hasebe22323.jpg


“もしかしたらこれが僕にとってブンデスリーガ最後のシーズンになるかもしれませんね。ここに来たときには2年で日本に帰ると思っていましたが、もう13年もこのトップリーグでプレーしています。ブンデスリーガ最年長になって誇りに思いますよ。しかも外国人として!ドイツは僕にとって第2の故郷になりました。”


スポンサーリンク


守備のスター、長谷部誠は新シーズン、アイントラハトで多くの目標を立てている。しかし彼のその後の将来ももう始まっている。


この7月から長谷部はクラブのマーケティング大使になっている。オールドスターのイェボア、オコチャ、チャ、それからワールドカップ優勝者のグラボフスキーやヘルツバインと同様だ。


長谷部:“僕たちは様々なプロジェクトに関して話をしましたよ。”


長谷部は10月から3年かけて監督ライセンスの獲得に挑戦する。“ドイツサッカー協会と話をしました。もちろん今はまだオンラインコースだけもありですね。”アイントラハトでのサッカーが優先だからだ。


しかしどうしてそんなに長い間健康でいられるのだろうか?:“2つの点が大事です。まずはメンタルですね。僕はまだハングリーですよ。それからフィジカルです。僕の人生すべてはサッカーのためにあります。トレーニング、食事、睡眠です。それから毎晩お風呂にも入ります。”


彼は1860ミュンヘンとのポカールではリベロとしてプレーする予定だ。:“僕の強みは経験です。でもポジション獲得のためにはもう一度歯を食いしばらなければなりませんね。それから僕たちはチームとして良いパフォーマンスを見せなければなりません。そうでないとシーズンは難しくなると思います。これまでポカールではウルム(1:2)それからヴァルトホフ(5:3,0:2)と苦労してますからね。”


この夏のプレシーズンは4週間だったが、これは長谷部にとってはいつもと違って短いようだ。“だけど、フレッシュだと感じていますよ。これからフィットになると思いますね。”と長谷部は語る。引退となるシーズンが成功するのが大事だ。


その後はまだオープンだ。“3歳の娘がドイツの幼稚園に通っています。彼女は3か月で僕よりもドイツ語がうまくなりましたよ。これからもフランクフルトが僕たちの住処となるでしょう。でも日本で仕事があったら、行き来する事になるかもしれませんね。”

彼はフランクフルトだと自由に過ごせるようだ。:“それが気に入っていますし、楽しんでいますよ。”長谷部は故郷ではすぐに気づかれてしまうのだ。


長谷部はアイントラハトのもう一人の日本人の助言者でもある。鎌田大地は現在アイントラハトと延長の交渉中だが、長谷部は鎌田の残留を確信している。

長谷部:“彼がここに残ったら、それが彼にとって最高の決断だと思います。もうすぐ彼がサインすると思いますね。





以上です。

長谷部選手のインタビューがありましたので紹介しました。あと1年と言わず、できるだけ長くプレーしてくれる事を期待しています!
[ 2020/09/10 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。