Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

大迫先発ブレーメン!ポカール初戦でイェナに勝利!採点と寸評!

【Deichstube】

イェナ戦、選手採点と寸評!

fc2blog_20200913173513d3c.jpg

パヴレンカ 2.5

それほど多くの仕事はなかったが、84分のレネ・エッカルトとのシュートは同点を防ぐためのセーブを余儀なくされている。その後アディショナルタイムにも素晴らしいセーブ。


ゼラシー 4

サイドではほとんど何ももたらさず。それでも18分にはポスト直撃のシュートを放つなど、ブレーメンでも最も脅威となる場面も。さらに26分にもシュートを放っている。その後は大きなミスをするもトプラクがなんとか対処している。これが唯一のミスではなかった。


スポンサーリンク


トプラク 3

ヴェリコヴィッチが欠場となったため、トプラクがセンターバックのスタメンで。このベテランは手堅いプレーを見せ、さらにゼラシーのミスにも対処した。


モイサンダー 3

フィリードルよりも優先的に出場。しかし彼がキャプテンマークにはいささか驚いた。彼のプレーは、良くクリアしていた、という一言に尽きる。フェアカンプをぎりぎりで止めている。


アウグスティンソン 3

左サイドで何度もプレーに関与したが、彼が放ったクロスの多くは正確ではなかった。長すぎる、もしくは短すぎる・・49分にはサージェントのヘディングにぴったりのクロスを上げたが、それは例外だった。最後まで良く動いていた。

エラス 4

ブレーメン公式戦デビュー。エラスは守備的中盤とディフェンスラインを行き来するハイブリットポジションでプレー。あまり目立たなかった。後半は控室に残った。


エッゲシュタイン 3.5

ポゼッション時にはより前にでて、大迫と並んで、ボールを散らしていた。後半からはエラスがいなくなった事により、より守備的にプレー。


ビッテンコート 5

たいてい決断が間違っていた。さらにファーストタッチに問題を抱えるという癖が今シーズンも見られた。


大迫 (45分で交代) 5

この日本人は、トップ下のポジションでしばしばプレーし、本来であれば、ブレーメンのプレーの要となるべきだった。しかしそうはならなかった。アイデアがなく、パスに正確性もなかった。その結果早い時間帯に交代させられている。


ジョシュ・サージェント 2.5

コーフェルト監督が、“ジョシュなしのスタメンは想像できない。”と語っていたが、それを見せた。勢いのある序盤の後は、少し消えていた。48分にゴール前で横パスを選択したのは理解不能だったが、その後ヘディングでゴールを決めている。


ゼルケ 4.5

プレシーズンで得点王となり、公式戦でスタメン入りするのは理解できる。しかし彼が見せたのは、昨シーズンより劣るものだった。ダイブをし、さらにイェナのデニス・スラマーと揉めて、イェナファンからは嫌われていた。後半はチャンスを得るも成功せず。ヘディングはバーに当たり、サージェントのクロスに反応したスライティングはゴールを超えた。


クラーセン 3

負傷明けでスタメンには足りなかったが、途中からのプレーには十分だ。エッゲシュタインとともに6番でプレーし、より試合に構造を与えた。


タヒス・チョン 2.5

彼が勢いをもたらしたことに疑いはない。ファールで何度も止められる事となったが、88分にはゴールを決めている。マンチェスター・ユナイテッドのローン選手は、公式戦初ゴールで試合を決めた。





以上です。

大迫選手は45分と交代となり、評価もあまり良くはありませんでしたが、ブレーメンはポカール初戦で勝利しました。

サッカーとは関係ありませんが、イェナという街にはカール・ツァイスというレンズメーカーがあります。このクラブの正式名称もFCカール・ツァイス・イェナとなっています。



[ 2020/09/13 17:37 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。