Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

サラゴサ!EU圏外選手枠に香川を選ばず!ライとフェルナンデスを登録!

【Eldesmarque】

サラゴサ!ライを選択!香川の退団のために支払う必要あり!

kagawasssd.jpeg


香川真司のサラゴサでの将来は複雑なものとなりそうだ。サラゴサは、ファンにとっては気に入らない決断を下した。この決断には他の選手も関係している。なぜなら香川の去就がライとガブリエル・フェルナンデスにも関係するからだ。

スポンサーリンク


当紙が得た情報によると、レアル・サラゴサは契約を解除するために2021年6月30日までに支払う予定だった60万ユーロを香川に支払うつもりとのことだ。この狙いはEU圏外枠を一つ空ける事にある。




香川はサラゴサとの2年契約にサインしたが、最初のシーズンは複数の試合で良いレベルを発揮した物の期待に応える事ができなかった。選手に支払う金額と、それによる期待の高さがこのような複雑な状況の原因となっている。


香川が退団することで、この夏獲得したストライカーのトロ・フェルナンデスの登録が可能となる。現時点では給与額が上限を上回ってしまうために登録ができないのだ。その結果としてライが利益を得る事にもなるだろう。ライはバラハ監督の下でプレシーズン中右サイドでプレーしている。

バラハ監督のシステムには香川よりもライの方があっているとみられている。一方香川はサラゴサの経済にとって良いドバイからの170万ユーロのオファーを断っている。はっきりしていることは、香川でのサラゴサの時代が思っていたよりも短くなるという事だ。



以上です。

サラゴサはこの夏に獲得したフェルナンデスを絶対に登録したいようですが、香川選手が在籍したままだと、選手の給与の上限を超えてしまうという問題があるみたいですね。

そのため香川選手に違約金を支払ってでも退団を望んでいると理解しました。となると香川選手退団はフェルナンデスを獲得するころからすでに決まっていたように思いますが・・。

しかし60万ユーロの年俸を支払ってでも退団させたい、というのが本当かはちょっと良く分かりませんね。支払う金があるのであれば、そもそもこんな問題にはなっていなかったような気もします。

いずれにせよ、金曜日中には誰を登録したかはっきりするでしょう。




[ 2020/09/25 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。