Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

リヴァプール南野!2G1Aの大活躍!!!「リヴァプールでの役割を定着させた!」チーム最高評価!

【Liverppol.com】

南野拓実!リヴァプールでの役割を定着させた!!!オリギは心配すべき!

minamino32330.jpg

リーグカップの試合も楽しいもんだろ?


ユルゲン・クロップはこの木曜日に行われたリンカン戦(7:2で勝利)を楽しんだに違いない!


この試合では全てにおいてローテーションで臨んだ試合だったが、それでも同じリヴァプールだ。短くて鋭いパス、そして前線からの徹底的なプレス、さらにファイナールサードでの自由な動き。チャンス、チャンス、そしてチャンスだ。そして今回はチームの組み立てからワールドクラスのフィニッシュを見ることができた。

スポンサーリンク


負傷の可能性があるのは一人だけ、ファーストチーム周辺のメンバーが見せた自信のある組み立て、そしてディオゴ・ジョッタ、コスタス・ツィミカスのデビューの成功!クロップ達にとっては完璧な夜になった。


そしてこれが我々の表彰台だ!


金メダル:南野拓実


南野を見るのは喜びだった。ライン間で軽やかに動き回り、プレーとプレッシングで相手をけしかけ、彼が残した痕跡はすべてにおいてポジティブなものだった。これぞ正に我々が望んでいた南野のプレーだ。中央からあっちへ、そしてこっちへとどこへでも顔を出し、それに加えてポジションが代わった時には少し自由にボールを受けては出していた。リヴァプールは時には433、時には4231、時には4222、そして時には41311でプレーしている。


実際、南野がプレーした平均的なポジションは前半はスクリーン・ポジションでプレーする事が目立ったマルコ・グルジチの隣だった。南野は偽9番、もしくは10番として起用されたが、実際には、中盤のスペースを彼と分かち合っていた。もちろん、チームのポゼッションの切り替えに応じてだが。


もちろん相手がリンコルンであることは分かっている。でも南野がプレシーズンの状態を、本当に素晴らしい形で続けた事が大事だ。ジョッタが今シーズンどこでプレーする事になるのか待たなければならないところだが、これで南野がフィルミーノの次の選択肢となった事は間違いないだろう。


銀メダル:シャキリのフリーキック

※省略

銅メダル:プレーヤー・ヴァリュエ―ション

※省略






以上です。


リヴァプールのファンによって運営されているリヴァプールニュースサイトに早速この試合の様子が載っていましたが、金銀銅で、この試合のハイライトを掲載する形になっていました。その中で、南野選手が見事金(メダル)に選ばれていますね。最初のゴールは素晴らしかったですし、2ゴール目の前のプレスも物凄かったですね。

とにかくプレシーズンの流れにつなげたのが嬉しいですね。リヴァプールもここに来て補強してますが、南野選手がさらに楽しみになってきました。

[ 2020/09/25 07:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。