Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

スペイン2部サバデル!香川に10万ユーロの年俸でオファーも?スペイン紙

【マルカ】

サバデル!香川真司を待っている!

kagawa4321.jpg


サバデルは香川真司の到着を期待している。このクラブは香川加入によるマーケティングのチャンスを期待しているのだ。このカタルーニャのクラブは香川を獲得するために彼がレアル・サラゴサを正式に退団するのを待っているところだ。サバデルはこれまで9番を長い間待っていたとされているが、ここ最近、それがうまく行っていなかった。

スポンサーリンク



香川は先週からサラゴサでトレーニングに参加しておらず、サバデルに移籍すればバルセロナに住んでスペインでサッカーを続けることができる。そのためサバデルは彼にとっては非常に魅力的なオプションだ。この日本人はレアル・サラゴサと解約において合意に至ったとされているが、そのためサバデルは10万ユーロ程度の年俸でオファーする事もできるだろう。その場合はサラゴサが残りの50万ユーロを支払う事となる。



この移籍が実現すれば、サバデルにとっては紛れもなくレボリューションとなるだろう。そして香川はクラブ史上3人目の日本人という事になる。これまでは指宿洋史と田邉草民がプレーしている。それに加えて日本人の坂本圭介がオーナーを務めていることも忘れてはならない。そのため過去には日本人のプロ選手がプレーし、またシーズン前に日本ツアーも行っている。





以上です。

サバデルはカタルーニャ語ではサバデイとも呼ばれるようですが、香川選手の獲得に積極的に動くみたいですね。

香川選手はサラゴサから違約金の60万ユーロを全額受け取る事で合意したとされていますが、次に行くクラブの年俸がそれよりは少なかった場合はサラゴサが残りを負担する事になっているようです。

そのため、仮にサバデルと10万ユーロのオファーで合意した場合は、残り50万ユーロをサラゴサが支払うみたいですね。

クラブとしては当然この事実を利用して低めに年俸を提示すると思いますが、まあひどい終わり方でしたから、あえてサラゴサに支払わせたい気もしますね。

[ 2020/10/01 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。