Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

レヴァークーゼン!ドルトムントのブラントの獲得に動く?すでに打診済み!

【キッカー】

レヴァークーゼン!ブラントをめぐりBVBに打診!

brandt.jpg

レヴァークーゼンはまだ攻撃陣を補強しなければならない。どうやらドルトムントにユリアン・ブラントの件で打診したようだ。

ブラントは2014年から2019年までレヴァークーゼンでプレーしているが、そこで代表選手へと成長している。その後彼は2500万ユーロでドルトムントに移籍したが、彼の契約は2024年までとなっている。

スポンサーリンク


ドルトムントはレアル・マドリッドからレイニエルをローンで獲得したが、キッカーの情報によるとレヴァークーゼンはブラントの獲得を打診したとのことだ。しかしいずれにせよそれは成功しなかったようである。

ブラントはルシアン・ファヴレの下決して簡単な立ち位置にいるわけではない。今シーズンはバイエルンとのスーパーカップ(2:3)においてはじめて先発している。

はっきりしていることは、レヴァークーゼンのスカッドはまだバランスが取れていないという事だ。ペーター・ボシュ監督の下ではディフェンダーが11人もいるが、ハヴェルツ、そしてケヴィン・フォラントが抜けた後で、パトリック・シックをローマから獲得しただけだ。サイドアタッカーの選手がまだかけている。





以上です。

レヴァークーゼンは補強がまだできていないみたいですが、さすがにブラントもすぐに戻る気はないでしょう。昨日行われたスーパーカップではドルトムントは敗れてしまいましたが、先発メンバーを大幅に入れ替えており、まあ明らかにリーガを重視しているような感じでしたね。まあどちらかと言えば土曜日の次のリーガの試合に勝つ方が大事ですから、これも戦略でしょうか・・。

[ 2020/10/01 16:36 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。