ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》マインツ武藤 先発なるか? ビルトがピックアップ

本日のビルトよりマインツ関連の記事になります。今日も武藤選手が取り上げられており、相変わらず期待の高さが伺えます。






武藤嘉則


マインツ、明日は新加入の日本のスターが出場か?


entry_img_545.jpg

日本中のサッカーファンが喜ぶことになるだろう。マインツの監督マルティン・シュミットによると、武藤嘉紀が明日のグラートバッハ戦で先発するかのように聞こえる。


シュミットは“明らかにグラートバッハが勝者の候補だ。まず我々は良いポジショニングでしっかり守らないとね。”と語った。



攻撃においては、良い攻守の切り替えから得点のチャンスを得たいと考えているようだ。“そのためには二人か三人の素早い選手が必要だね。サイドだけでなく中央でも。”


スポンサーリンク


そしてシュミットはこうも語った:“ヨシがプレーすれば彼の素早さでチャンスは大きなものになるだろうね。”



彼は今の所サイドではサンペリオとクレメンスを振り落とすことができていない。だからこの日本のスターはワントップとしてニーダーレヒナーの代わりにスタメンで出場するだろう。


まだ決まっていないのは、カリウスに続く第2キーパーである。新加入のジャンルーカ・クルチ(30才、ローマで一年間試合経験なし)がチームになれるためにグラートバッハへ行く可能性は高い。しかしベンチにはロビン・ツェントナー(20)が座るであろう。





以上になります。


相変わらず武藤選手の注目は高いですね。その原因は日本のメディアの追っかけにあるようです。最近のキッカーではシュミットが、“(2,3週間プレーしなかったら)もう少しそっとしておくべき時だ”というような発言をしています。

最近ではもうワントップでの可能性はない、という報道も出たりと、本当にドイツメディアを賑わせていますね。


先発予想は本当にあてになりませんからどうなるかわかりませんが、グラートバッハ戦での先発はぜひとも見てみたいですね。


【キッカーの先発予想が外れる理由】

ドイツで最も信頼されているキッカーですが、ブンデスリーガの先発予想は外れることが多いです。何故かと言うと、キッカーは月曜と木曜日に発売されるのですが、先発予想はこの木曜版に必ず掲載されるためです。つまり水曜の夜の時点で、すでに週末のメンバーを予想している事になります。キッカーは発売日の都合上、木曜日と金曜日の最終トレーニングをチェックできないので、その分外れる可能性が大きくなります。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_3126.jpg

ミュンヘンにあるバイエルン州立歌劇場です。
世界一流の歌手の歌声を堪能できるオペラハウスの一つです。ミュンヘンに立ち寄ったらサッカーのついでに観に行ってもいいですよね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/23 06:07 ] 武藤 | TB(-) | CM(4)
No title
武藤はまず守備で貢献できないとね
プロビンチャで出場したいならそこをどうにかしないと。
[ 2015/08/23 09:55 ] [ 編集 ]
No title
まずはスターではないし、飛びぬけて活躍できる選手でもない。
願わくばそうなってほしいけどね。
[ 2015/08/23 18:37 ] [ 編集 ]
応援してるけど、そこまでの選手じゃ無いよ。乾のレベルまで行けたらいいとこか。
[ 2015/08/23 22:02 ] [ 編集 ]
全然駄目だったな……フリーだったのに味方の上がり待ってスピード緩めたら追いつかれて外すとか、岡崎との違いが如実に出てたわ。
[ 2015/08/24 09:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。