Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

スペイン紙!エメリ監督の久保の起用法に疑問!スペイン人の反応は?

【マルカ】



マジョルカが久保の才能に気が付いたときには、すでに降格が決まっていた・・・。



kubovirral.jpg


3,5,16,15,そして5。これは電話番道ではない。口座番号でもなければ、宝くじの番号でもない。私の甥っ子たちの年齢でもない。


これは日本人の久保がビジャレアルでプレーした時間だ。


久保が降格したマジョルカでにおいて、そのポテンシャルをフルに発揮するまでに時間がかかったのは事実だが、この選手のエージェントの下への電話が鳴りやまなかったのも事実だ。バイエルン・ミュンヘンはルンメニゲを通してペレスに打診している。さらに巨額のオファーをしたともされているが、レアル・マドリッドは久保が国を超えてプレーする事によるリスクを冒したくなかった。


スポンサーリンク


そのため移籍先はスペインとなっていた。


選手に近い所ではオサスナ行きを進める声もあったが、最終的にはビジャレアルという完璧な解決策が見つかっている。


しかしかつてレガネスでプレーしたミッドフィルダーのウナイ・エメリ新監督には、多くの仕事による混乱において、こうした事実を本当にしっかりとは把握していなかったようだ。何しろ久保の獲得に許可をだしたのはエメリ本人なのだ、彼は久保を獲得すればチームをチャンピオンズリーグに出場させるとまで言ったのだ。


その結果フェルナンド・ロイグ会長は久保を獲得している。しかしどうやらエメリはその時点ではまだ具体的な起用法は考えていなかったようだ。それかヨーロッパリーグでの起用を考えていたか・・・。


この若き選手は、非常に良い態度でこうした状況を変えるべく仕事に取り組んでいる。しかし仮にモイ・ゴメスやイボラ、アルカセルやチュクウェゼが活躍していると言っても、久保がリーガで1時間もプレーしていないのは理解に苦しむ。



ウナイは自分がするべきことは分かっているだろう。ビンセント・モレノ監督が、久保がマジョルカで最高の選手だと気が付いたときには、マジョルカはすでに2部に足を突っ込んでいた。 マドリッドもそれは良く分かっている。



【この記事を読んだスペイン人の反応】


・久保はマジョルカでは5試合目に初スタメンだ。それから途中出場は6回あったが、4ゴール2アシストを決めている。久保は11試合で途中出場だったが、まあそれでもマジョルカが良かったと言っている。だからこれはジャーナリストの嘘だ。


・まだ時間が経っていないからこんなことを言うのはくだらないと思う。マドリッドで同じことが起こってもこんな事を言うだろうか?


・久保がプレーしだしたときは、我々(マジョルカ)は決して降格が決まったわけではなかった。でも僕もその時はまだそれほど久保に期待していなかった。


・久保は素晴らしい選手だ。だけどちょっとすでに彼がマラドーナ、メッシ、ロナウジーニョのミックスであるかのような論調だね。


・久保はバロンドール


・ジャーナリストが起用法に口を出す!典型的な例!


・この記者を監督にして見よう。彼にどれだけのものがあるか分るだろう。


・彼がそんなに良いのなら、マドリッドに残ったのではないだろうか。


・記者が何と言おうが、選手を毎日みているのは監督だ。まだシーズンはたくさん試合がある。


・久保がトップならば、彼はバルセロナでプレーを続けていたか、マドリッドに残っていたと思うよ。彼はまだ若いから、研修生みたいな扱いなんじゃないだろうか・・。才能があっても大成しなかった選手もたくさんいるよ・・。


・久保がどうなるか見てみよう。僕は今でも彼がマドリッドでプレーするには青過ぎると思っている。そのレベルに達するには後1,2シーズン成長する必要があるね。でももちろんそれはプレー時間を与えるクラブでなければならない。





以上です。

マルカ紙がエメリ監督の久保選手の起用法に疑問を呈していますね。マジョルカの監督が久保選手の才能に気が付いたときにはもう遅すぎたと、エメリもそうなるかもしれないという、中々皮肉が効いていますね。


この記事には多くのコメントが寄せられています。評価が高いものから乗せてみましたが、スペイン人の反応は意外と冷静でしたね。むしろまだそこまでメディアが大きく騒ぐほどの事ではないという論調が多かったです。



[ 2020/10/07 18:34 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。