ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》EL予選 香川1G1A「1-」でベストプレーヤーに選出するドイツメディアも!採点と寸評③

さて木曜日に行われましたヨーロッパリーグ予選、ドルトムントはノルウェーのオッズに3:4で逆転勝ちしました。地元紙をはじめ、多くのドイツ紙は香川選手に「3」という評価を下しましたが、今回別な採点を見つけましたので紹介します。

“90Min ”というサッカー巨大インターネットサイトのドイツ版の採点になります。このサイトは世界最大の熱心なサッカーファン達によって作られたインターネットサイトで、現在では数百万人を超えるユーザーを抱え、記者の数も3000人を超えているとされています。現在では“デイリー・メール”や“テレグラフ”、“MSMスポーツ”などの既存メディアとも提携しているようです。それぞれの国毎にページがありますが、ドイツのブンデスリーガ版は結構充実していますね。

採点と寸評その1

採点と寸評その2



entry_img_546.jpg


ヴァイデンフェラー 4-

事前に発表されていたように、ヴァイデンフェラーがリーガで出場したビュルキに代わって出場した。ヴァイデンフェラーはオッズBKを相手に今後の出場を推薦できるようなパフォーマンスを見せれなかった。最初の2つの失点に関してはこの経験豊かなキーパーに為す術はなかったが、3失点目はこのキーパーのグローブから滑り落ちてしまった。その後もヴァイデンフェラーは何度も不安定さを露呈した。


カストロ 4-

レヴァークーゼンからの新加入の選手は右サイドバックの代役として投入されたが、この役割に終始追われることとなった。最初の失点の場面では相手選手を遮ることができずにクロスを上げさせてしまった。その後も何度もポジショニングにおけるミスを繰り返した。45分で交代させられた。


ギンター 4+

このワールドカップ優勝者は不安点な立ち上がりを見せ、何度も連携に問題を抱えた。後半は右サイドのポジションでプレーしたが、明らかに良いパフォーマンスを見せた。そして攻撃において特に成功した動きを見せた。


フンメルス 3-

このセンターバックは身の毛のよだつようなミスを犯したわけではなかったが、守備のボスとしてはもっと統率をもたらさなければならなかった。後半はプレーメーカーとして輝いた。



シュメルツァー 2-

最も積極的だったドルトムンダーの一人。一対一には何度も勝利し、序盤から真剣に試合に入り何度もサイドを上下に行き来した。時々クロスの精度がかけるが、それ以外はとても力強いパフォーマンスだった。



ベンダー 3+

守備においては非常に存在感があり、何度も重要な一対一に勝利し、要求されたタフさを示した。攻撃においてはこのミッドフィルダーはあまり多くをもたらさなかったが、期待された通りの手堅さを見せた。


スポンサーリンク


2015082306570453d.jpg


ギュンドガン 3+


試合序盤に、相手を過小評価していたとみられる何人かの選手のうちの一人。試合が進むに従って徐々に力を発揮し、一対一にも挑むようになり、多くの良い攻撃を見せた。


ミキタリアン 2


またしてもドルトムントで最も目立った選手の一人。定期的にミドルシュートを放ったが、そのボールはポスト外側に弾かれてしまった。何度も一対一に臨み、相手選手を置き去りにし、股抜きをみせた。勝ち越しゴールでこの良いパフォーマンスに花を添えた。


香川真司 1-

今夜のドルトムントのベストプレーヤー。この日本人はドルトムントの攻撃の要となり、2:3となるゴールでは信頼を得るに相応しい活躍を見せた。優勝したシーズンのシンジ・カガワのようだった。


カンプル 4


このスロヴェニア人は準備トレーニングでの良い状態を見せることはできなかった。ドリブルを得意とするカンプルが成功することは少なかった。彼は右サイドでよく走ったが、一対一では負けすぎ、BVBの連携にうまく入ることができなかった。


オバメヤン 3

オバメヤンにとっては早く忘れてしまったほうが良い一夜となった。このガボン人は不慣れな人工芝の上で何度もボールを弾き、全体的に見れば良いプレーが少なすぎた。3:3となるまでこのトップストライカーは2メートルの距離から無人のゴールへゴールを決めることができなかった。弱々しいパフォーマンスでも綺麗に2ゴール上げたのは事実である。


ソクラティス 採点なし

このギリシア人は温存されるべきだったが、アップアップだったカストロに代わって出場した。BVBの試合に安定さをもたらした。出場直後に足を捻り、痛めたように見えたが、頑丈なソクラティスは短時間の治療でプレーを続けた。


ラモス 採点なし

後半途中で弱々しいカンプルに代わって1トップとして出場。彼のアクションにはまだ最終的な決断力が欠けている。


ヴァイグル 採点なし

このヤングスターは日曜日のインゴルシュタット戦のために温存されるべきだったが、後半途中でベンダーと交代で出場した。ヴァイグルはまたしても輝き、全ての一対一に勝利しBVBのプレーに素晴らしい結果をもたらした。






以上です。

これを書いた記者のオスカー・ノルテという人はこのサイトで既に960の記事をを書いているようです。


実際に1G1Aとした香川選手に良い評価をする物はないのかな、と思って探したら見つかりましたので紹介しました。ちゃんと良い見方をする人もいて良かったですね。(一ファンとしては良い評価の時は素直に喜んでます。)

オバメヤンがもう少し高くても良いかな、と思いますが、ワントップは決めなければいけない所で外したらダメ、という見方をすれば、まあ納得できなくもないです。


さて、今日のインゴルシュタット戦、楽しみですね!


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/23 18:45 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(12)
No title
管理人さんありがとうございます
香川ファンとしてちゃんとわかってくれているドイツ人記者がいるのはうれしい限りです
[ 2015/08/23 19:46 ] [ 編集 ]
No title
下部から上がってくるチームはプレーが荒いイメージがあるのですが、今日はどうなんでしょうか?
怪我無く、ジェットコースターも無くwww、ドルらしい美しい連携を見せて欲しいです!シンジ ⇒ ラモス でゴール、来ないかなぁ。
[ 2015/08/23 20:07 ] [ 編集 ]
No title
お疲れ様です!
この方の採点、かなりしっくりくるものなんじゃないでしょうか。
オバメは昨季もそうでしたが、簡単なゴールでの取りこぼしが多いように思います。
せめてもう1ゴールは取れたと思います。
まぁそれだけ人工芝が大変だったのでしょうけども…その辺りにも言及してあるのが素敵ですね。
[ 2015/08/23 20:08 ] [ 編集 ]
No title
んー?オバとムヒの採点が逆なら納得がいくけど
[ 2015/08/23 20:15 ] [ 編集 ]
管理人様お疲れ様です…真司クンの納得の採点ありがとうございますっ…いつも厳しめでドイツ人試合みてるのかぁ〜⁉️と思ってたから…今宵もドキドキ(*^^*)です…
[ 2015/08/23 20:35 ] [ 編集 ]
No title
そんなサイトが存在するんですね。紹介してくださってありがとうございます。
オバメは前半のうちに貴重な一点を返してくれたのに、あれ?ですね。
「優勝したシーズンのシンジカガワのようだった」
そうです。そのとーり!笑
[ 2015/08/23 20:36 ] [ 編集 ]
No title
うれしい!こういうサイトがあるんですね。
見つけてくれて管理人さんありがとう
[ 2015/08/23 20:45 ] [ 編集 ]
No title
オバは難しいクロスを上手にあわせるときもある反面、ほぼ1:1の場面で外すことも多くて評価が難しいですね。
スピードは飛びぬけていて、スタミナもあって、エゴが少なくプレスも良くかける上に怪我が少ないので、総合的には非常に優秀な選手なんですが・・・

ラモスも今のチーム状況なら良いプレイをできる選手だと思うので、いい場面で使ってあげて上手にターンオーバーして欲しいなと思います。
[ 2015/08/23 20:46 ] [ 編集 ]
あまり日本で取り扱ってないサイトの採点を紹介してくれて嬉しいです!ありがとうございます
[ 2015/08/23 21:15 ] [ 編集 ]
ラモスがもうちょいハマってくれたらだいぶ楽になるんだけどなあ
[ 2015/08/24 00:04 ] [ 編集 ]
まぁ少数派であってもこういう人も居るってのは良いね
オバメの採点とか他にもツッコミどころ多いのはこの際置いとこう
[ 2015/08/24 01:06 ] [ 編集 ]
No title
ラモスもう少し評価してあげて
[ 2015/08/24 02:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。