Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

香川!移籍先が決まるまではサラゴサの施設でトレーニング継続!

【Heraldo】

香川の長い待ち時間!


kagawa9920.jpeg


この日本人はスペイン内での移籍先を探しているが、それまではクラブが用意したトレーニング施設を使ってトレーニングに励んでいる。



香川真司は、もうレアル・サラゴサの選手ではないが、新たなクラブを探す日々はこれまでとはそれほど大きくは変わっていない。

スポンサーリンク



この日本人選手はこれまで通りのスタイルを継続している。サラゴサでトレーニングに励んでいるのだ。クラブは香川のキャリアに敬意を表し、トレーニング施設の使用を許可しているのだ。


香川はサラゴサとの契約解除にサインしているが、クラブは香川に違約金を3回に分けて分割払いするとみられている。彼らは定められた金額を支払わなければならないのだ。もちろんこの日本人が別なクラブに移籍した際は、移籍先での給与との差額のみが支払われる取り決めだ。例えば香川が新たなチームと20万ユーロの年俸で契約した場合は、この金額が契約解除で定められた金額から差し引かれる事になる。


香川はサラゴサでトレーニングに励みながら移籍先が決まるのを待っているところだ。香川のトレーニングには何人ものアシスタントやスタッフが参加している。


サバデルが香川の獲得に動いているとされていたが、その熱も冷めてきているようだ。それに加えてすでにサバデルは昨シーズン、アルコルコンでプレーしていたストライカーのストチコフを獲得しているのだ。


香川はスペインでのプレーを望んでいるが、まだそれは実っていない。次なる有力候補はラーヨ・バジェカーノ、レガネス、エスパニョールなどとなっている。しかしまだ実際に動くクラブは現れていない。一部リーガのチームも同様だ。


サラゴサはアジアのリーグから100~150万ユーロでのオファーを受けていたとされており、さらに選手の年俸も上がるとみられていたが、香川はこれを断っている。スポーツディレクターのアランテグイは数日前に、“我々はプレーオフの後で、香川がスポーツ面でのレベルにないと伝えている。そのため自由に移籍できる事を伝えている。サラゴサとって利益のあるオファーも受けたが、それは断られてしまった。我々のチームには真司よりも素晴らしいキャリアを持っている選手はいないが、より良い現在と将来を持っている選手たちがいる。”と語っていた。





以上です。

この前の記者会見でスポーツディレクターが香川選手の施設使用を許可した、というような発言をしていましたが、実際にサラゴサでトレーニングに励んでいるみたいですね。契約解除になって1週間がすぎましたから、そろそろ動きが欲しい所です。



[ 2020/10/09 18:27 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。