Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ビジャレアル!久保!300万ユーロの移籍金が久保がビジャレアルの一員である事の証明!

【Eldesmarque】

久保はどうしている?

kubo11093.jpeg

現在19歳の久保建英は、レアル・マドリッドの将来を担う選手だ。この日本人は昨シーズンすでにマジョルカで輝かしいプレーをしている。しかしそれでも降格を防ぐことはできなかった。この夏の移籍市場において、久保はより野心的なクラブであるビジャレアルに移籍したが、ウナイ・エメリ監督の下あまりチャンスがもらえていない。


スポンサーリンク


実際の所、この状況にはレアル・マドリッドのファンも首をかしげている。久保建英は今シーズンの5試合全てで途中からの出場となっているのだ。しかし別な見方をすれば5試合全てに出場しているという事でもある。まあいつも試合終盤であるが・・・。彼はこの前のアトレティコ・マドリッド戦では85分からプレーしている。


ウエスカ、エイバル、バルセロナ、もしくはアラベス戦においてもこうした状況は対して変わらなかった。彼がプレーした時間は、これまでの450分のうち60分にも満たないのだ。そのためレアル・マドリッドが来年の一月にこのローン契約を解除するのではないかと噂になっている。


ビジャレアルは彼に対して300万ユーロもの移籍金を支払っている。契約解除ともなればこれは問題になるだろう。一方でこの金額は久保建英がビジャレアルの計画に入っている事を証明する証でもある。久保は一年もしないで大きなステップアップを実現させている。そのため慣れるのに時間が必要なのだ。


実際のところスタメン争いでは、昨シーズン終盤からスタメンに定着し良いパフォーマンスを見せているモイ・ゴメスがいる。またエメリの442のシステムにおいてはチュクウェゼが優先的に起用されており、433ではマヌ・トリゲロスが優先的に起用されている。


しかしこれから久保がチャンスを得ることは確かだし、それを物にしなければならない事も確かだ。彼はわずか60分のプレー時間で、その才能の片鱗を見せているが、もっと決定的でなければならない。そこで彼はウナイ・エメリに先発に値する事を証明しなければならない。






以上です。

まあクラブとしてそれなりのお金を払ったわけですが、クラブ側と監督の思いが必ずしも一致しているとは限りませんしね・・。久保選手は試合に出たらチャンスをものにしなければならないのは確かですが、これまでの60分でより決定的な仕事を要求されるのもなかなか厳しい見方ですね。遠しで60分プレーしているのとはわけが違いますからね。

ヨーロッパリーグも始まって試合が増えてからどうなるかに注目したいですね。




[ 2020/10/10 17:17 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。