ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川1ゴールで高評価!インゴルシュタットに勝利でリーガ首位に!採点と寸評①

疲労が心配されたブンデスリーガ第2節のドルトムント対インゴルシュタット戦。ドルトムントが4:0で勝利しました。多くのチャンスを演出し、自らも1ゴールを決めた香川選手は高評価となっています。まずは地元紙西ドイツアルゲマイネの寸評をどうぞ!






【西ドイツアルゲマイネ】


2015082402250717d.jpg

ビュルキ 2


前半はあまり出番がなかった。試合開始20分に最初のボールがゴールに向かって飛んできた(とても柔らかいブレジェリーのヘディング)。それに加えて何度がロングボール、バックパス、そしてクロスがやってきたが、それだけだった。しかし後半に入ってからはハルトマンに対する力強いセーブ(49)、そしてレックスのペナルティーエリアラインからの力強いシュートに対するセーブ(62)は素晴らしかった。いずれにせよ、彼はレッキーに対してドリブルでかわそうと試みたが、一歩間違えれば危険な状況になっていたかも知れない(53)。


ギンター 2.5

この右サイドバック代理のパフォーマンスは見栄えのしないものだった。後ろではミスはなかったが、攻撃におけるインスピレーションも見られなかった。しかしミキタリアンのパスから対戦相手のエンゲルを交わしてボールを正確にシュートしてゴール隅に決めた(55.)。そして試合終了間際にはオバメヤンのゴールをアシストした。

20150824022506497.jpg


ズボティッチ 4


彼の今シーズンデビュー戦は、何度か安定感が欠けていた。彼のヘディングはもう少しで危険な状況になるところだった(11)。しかし一対一では大きなミスもなく力強さを発揮した。


フンメルス 3


このキャプテンの力強い出来。一対一は、空中戦でも地上でもどちらも安定していた。彼は一度空中戦で敗けレックスのシュートを防げなかった場面だけが危なかった。それが最大のインゴルシュタットのチャンスとなった(62)。彼も一度素晴らしいチャンスを得たが、ニラントが彼のヘディングをバーへと退けた(75)。


シュメルツァー 2.5


またしてもドルトムントで積極的な選手。とても左サイドでよく動き、ロイスへのパスはドルトムント最初の大きなチャンスとなった(6)。それに加えて、彼が2:0となるPKを獲得した(60)。


ヴァイグル 3


この19歳は中盤で多くの攻撃を打ち砕き、良いポジショニングを見せ、何度もボールを奪取した。インゴルシュタットのプレスが激しかったため、彼はとても素晴らしいという出来ではなかったが、それでも彼のパス成功率は十分だった。


ミキタリアン 3


非常に積極的で動きも良かった。しかし他のドルトムントの選手みんなと同様にチャンスを決めきれなかった。彼が自分のヒールキックで攻撃を自らお膳立てした後、ゴール11メートル前付近でボールを蹴りそこねてしまった(18)。素晴らしいワンタッチパスで香川の大きなチャンスを作り、それと同様にギンターの先制点もアシストした(55)。しかし彼がこれを経験することができたのは少しばかり幸運であった。試合序盤でイエローカードをもらい、その直後にわざとハンドの反則を犯したのだ。それはイエロー2枚で退場となる可能性もあっただろう。


ギュンドガン 3

このミッドフィルダーは何度か素晴らしい場面を見せた。何よりもシュメルツァーへの繊細な対角線のパス。そしてほぼフィールド全体に渡るダイナミックなドリブル。しかしゴール前フリーでの横パスは、理想的なタイミングで出すことはできず、オバメヤンには少しばかり長すぎた(17)。後半に入ってからはそれほど効果的ではなかった。


香川 2.5


この日本人は本当に力強く試合に入った。そしてミキタリアン(18)とオバメヤン(22)の良いチャンスを演出した。彼がフリーでボールをもらった場面では、ボールをきちんとコントロールすることが出来ず、明らかに蹴りそこねてしまった(34.)。その後は長い間目立たなかった、不運にもモラレスへと渡ってしまったヘディングでインゴルシュタットの最大のチャンスの起点となってしまった(49)。しかしその後自分を取り戻し、フィールド上で見応えのあるコンビネーションを見せ、魅了した(注:魔法を使ったが直訳)。そして3:0となるゴールを決めて報われることになった(84.)。



ロイス 2


この攻撃の選手は非常に良く走り回り、多くの良い攻撃に絡んでいた。しかし彼は開始6分と開始28分に先制となる良いチャンスを外してしまった。後半60分にはPKを確実に決め、その後74分にはオバメヤンの大きなチャンスを演出した。しかし74分にはまたしても良いチャンスを逃してしまった。しかし彼がボールを扱う様子は力強く、ディフェンスでも数多くのボールを奪取していた。



オバメヤン 3


彼の最高の日とはならなかった。試合の組み立てではあまり見るものがなく、珍しいことにゴールチャンスで全て外してしまった。11メートル離れた場面で放ったシュートはボールをきちんと捕らえることが出来ず(15)、72分に完全にフリーで放ったシュートはニラントに阻まれてしまった。しかし試合終了間際にはギンターの横パスを決めて4:0とした。


交代選手


ホフマン  採点なし (67分にミキタリアンに代わって出場)

ラモス 採点なし (80分にロイスに代わって出場)

カストロ 採点なし (86分に香川に代わって出場)


スポンサーリンク


entry_img_547.jpg


【ビルト】

ビュルキ 3

フンメルス 2

ズボティッチ 3

ギンター 2

シュメルツァー 3

ヴァイグル 3

ギュンドガン 2

ロイス 2

ミキタリアン 3

香川 2

オバメヤン 3

ホーフマン 3

ラモス 採点なし

カストロ 採点なし

201508240225087df.jpg





以上です。


疲労が心配されましたが、最終的には内容に相応しい点差で勝利を飾ってくれましたね。前半は相手がかなり足を出していて嫌な感じもしました。ミキタリアンも相当頭にきていたようで、ちょっと危なかったですね。

香川選手はこれで2試合連続となるゴールを決めて、非常に良い感じですね。トゥヘルも試合後のインタビューでは、“熱心に仕事をしてくれるシンジがゴールを決めてくれて嬉しい”と香川選手をかなり褒めていました!(レポーターと一緒に3点目と4点目のリプレーを見て)


個人的には、香川選手のゴールに加えて、ギンターが活躍してくれたことと、勝っている状態でうまく控え選手にプレーさせられる事が嬉しいです。


さて今回の西ドイツアルゲマイネの採点はいかがでしょうか?西ドイツアルゲマイネ新聞は“採点と寸評を読んでみんなで議論して下さい!”と、読者に議論を呼びかける態度で採点を掲載していましたので、付け加えておきます。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/24 02:36 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(32)
No title
相変わらず適当すぎる採点・・・ロイスはPKを加味しても3.0以下が限度だと思う。
[ 2015/08/24 02:55 ] [ 編集 ]
ロイスに甘すぎっすなぁ
[ 2015/08/24 02:57 ] [ 編集 ]
No title
アルゲマイネ、ロイスが高すぎなような気がする
香川とミキが2でロイスは3〜4のような?
[ 2015/08/24 03:02 ] [ 編集 ]
No title
ちょっとロイスに甘いですね
[ 2015/08/24 03:16 ] [ 編集 ]
No title
ロイスに甘すぎるな
[ 2015/08/24 03:17 ] [ 編集 ]
No title
ギンターは全シーズンからあの形でいいシュートしてたので驚きはなかった、というかあれ得意なんだろうね
[ 2015/08/24 03:25 ] [ 編集 ]
No title
ロイスあの出来で2って補正はいりすぎだろ・・・w
[ 2015/08/24 03:26 ] [ 編集 ]
ロイスが2…ないわ~
[ 2015/08/24 03:31 ] [ 編集 ]
やっば思うよなーロイスの点がおかしいって…
[ 2015/08/24 03:36 ] [ 編集 ]
No title
キッカーの採点待ちかな
地元紙はロイス補正がすげえからw
[ 2015/08/24 03:40 ] [ 編集 ]
No title
香川の交代はもっと早いかと思ってたけど
ゴールを期待してたのかね
[ 2015/08/24 03:41 ] [ 編集 ]
みんな言ってるようにロイスは今日良くなかった
4貰っても不思議ではない出来栄えだったと思う
[ 2015/08/24 03:44 ] [ 編集 ]
香川選手は高評価で安心した。
ただ、ロイスが2に驚きです。
前線の選手で一番調子が悪かったのがロイスだったと思う
どこの国も自国の選手、特にロイスはスター選手だから甘くなるってことですかね
[ 2015/08/24 03:51 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます

誰もが納得する採点は難しいですよね

ドルトムントこの調子で頑張ってもらいたいです
[ 2015/08/24 04:05 ] [ 編集 ]
No title
新聞を買うのはドイツ人だし、ドイツの天才を称えたほうが読者も気分が良いし、購読率も有利になるという感じでしょうか。
[ 2015/08/24 04:21 ] [ 編集 ]
No title
香川守備でも危険な芽を摘んでたし、アシスト未遂も2、3あった。パス成功率83%、チャンスメイクも3回。何よりあのゴールの質。あの直後相手は試合を投げた。
評価低いな。
[ 2015/08/24 04:29 ] [ 編集 ]
ドイツでの評価はロイスに甘く、ミキに厳しいみたいだね
[ 2015/08/24 05:23 ] [ 編集 ]
No title
香川だって毎度1とか1.5もらってた頃は採点甘かったよ
まぁそれに値する試合の方が多かったけど
[ 2015/08/24 05:40 ] [ 編集 ]
No title
ロイスはみんなが言っているように、ちとおかしいね。まだ不調でしょ?
オバメはお疲れかね。ムヒは得点こそなかったけど、すごい守備に貢献してたね。ヴァイクルもいいけど、両SBが非常にいいね。
クロップが香川を見捨てず復活させ、トゥヘルが新たな才能を開花させたって感じ。このまま怪我なく行ってほしい。
[ 2015/08/24 06:06 ] [ 編集 ]
ロイスは3ぐらいだと思う。決して良くはなかった。誰もそう思うけど地元の意見はどうなんだろう。
[ 2015/08/24 06:15 ] [ 編集 ]
No title
ここのみんなは少しロイスに厳しすぎだよ・・・
[ 2015/08/24 07:12 ] [ 編集 ]
前線で一番悪かったのがロイスだったからなぁ。休んでこの出来だとやっぱり足の具合悪いのかなと心配なるような出来だっただけにこの採点は無い。

[ 2015/08/24 08:44 ] [ 編集 ]
お、ミキや牛丼より点数上やん!よしよし…
ロイス 2
ファッ!?
[ 2015/08/24 08:51 ] [ 編集 ]
No title
クロップの時はいつもお決まりのように香川選手が一番最初に交代させられていたので、今でも交代選手が出てくると、ああ~っとか思ってしまいますが、最近は最後までいくことも多いし香川選手の守備貢献も含めて、トゥフェル監督はよく見ていてくれているんだなって思います。
前半はチャンスがあってもなかなかみんな決めきれないし、ファアルも多いしどうなるかと心配しましたが、香川選手が活躍してくれて本当に嬉しいです。
今日のロイスは良くなかった気がしましたが、、、
[ 2015/08/24 09:18 ] [ 編集 ]
No title
ついにまた魔法という形容が出てきた。
オバメの代わりにラモスが先発だと思っていました。へとへとだったから。怪我に気をつけてがんばってほしい^^
[ 2015/08/24 10:05 ] [ 編集 ]
No title
採点は分からないけど、寸評はそんなにおかしくないんじゃない?ロイスも決められなかったけど動き自体は悪くなかったと思うな。
あとは自陣で危ないプレーとかはマイナス要素だろうし、好みはあるだろうけどこんなもんでしょ。(ついでにカードもらったし)
まぁそれはさておき、次のオッド戦も楽しみだね。
[ 2015/08/24 12:39 ] [ 編集 ]
No title
やっぱりロイスにはいつも甘いよなぁ
[ 2015/08/24 12:39 ] [ 編集 ]
No title
>西ドイツアルゲマイネ新聞は“採点と寸評を読んでみんなで議論して下さい!”と、読者に議論を呼びかける


まるでここの議論を受けての反応みたいだw
[ 2015/08/24 14:34 ] [ 編集 ]
No title
まあスター選手ってのは高いレベルでプレーして当たり前だから、皆が厳しく見てしまうのは仕方ない
インモービレが今日のロイスのようにプレーしていたら絶賛されたかもしれないしね
…と思ったけど、西ドイツアルゲマイネはオッド戦で1G1Aの香川に対して、「求めているものはもっと上」と書いてたな…
ロイスには求めないのか?(呆れ顔)
[ 2015/08/24 16:56 ] [ 編集 ]
No title
ここは小数点以下とか+ーなないようなんで、議論しろって言ってもねぇ
ヴァイグルとシュメルツァーは2寄りの方向でこの採点なら2相当かな。ロイスも3寄りの方向で3とか
ミキタリアンは最近よりは低調だったかもしれないけど、香川が決めてれば1Aだったね
あれは素晴らしいパスで、トラップの上手い香川なら決めないとな
[ 2015/08/24 17:35 ] [ 編集 ]
No title
ヴァイグルをロックオン(バイエルンのスカウト)
[ 2015/08/24 22:13 ] [ 編集 ]
ロイスは動きは良かったし、pk決めたから3はあるよ
スター補正で2ってとこか
[ 2015/08/25 07:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。