Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!プロ部門の部長セバスティアン・ケ―ルと契約延長!時期スポーツディレクター候補!

【西ドイツアルゲマイネ】


ドルトムント!ケ―ルと契約延長!


kehl223.jpg


ボルシア・ドルトムントは現在プロ選手部門の部長を務めるセバスティアン・ケ―ルとの契約を2022年まで延長した。


しかしこれで終わりではない。ケ―ルはミヒャエル・ツォルクの後任として2022年以降スポーツディレクターになるとみられているのだ。

スポンサーリンク


“ゼバスティアンとの延長に満足している。これから彼はより沢山スポーツ面での決断に関わるだろう。”とハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長もコメントしている。


ケ―ル自身は、“これは僕にとって重要でポジティブなシグナルだ。スポーツ面での共同戦略が2022年まで続いて嬉しいよ。コロナで難しい時期にあるが、ボルシア・ドルトムントの成功のために戦うのは毎日大きな喜びだ。”と語っている。


これによって、ドルトムントはミヒャエル・ツォルクという偉大なスポーツディレクターからの引継ぎ期間を設けた事になる。ツォルクはこれまでフンメルス、ズボティチ、香川真司、レヴァンドフスキー、デンベレ、オバメヤン、サンチョという才能をお買い得な値段でクラブに連れてきて、ドルトムントでブレイクさせたことで、世界中で高い評価を得ている。

セバスティアン・ケ―ルはこの偉大な足跡を継ぐことになる。しかし4年間の共同作業で、その秘密をすべて受け継ぐ事が出来るだろう。




以上です。

これは嬉しいニュースですね。ツォルクは選手としても一流でしたが、スポーツディレクターとしても有能ですね。ドルトムントの顔としてはケ―ルは本当に相応しいですから、残り2年でしっかり引継ぎをして欲しいですね。



[ 2020/10/13 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。