Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

「レアルは久保の状況に我慢しているが、改善しなければ躊躇せずローンを打ち切るだろう!」スペイン紙

【Besoccor】

レアルは久保の状況にまだ我慢しているが、改善しなければ契約を解除するだろう。

kubo11093.jpeg


これまでにレアル・マドリッドはバジェホとルーニンのローン契約を解除している。“AS”が報じたところによると、レアルは久保建英の今の状況をまだ我慢しているとのことだが、プレー時間がこのまま変わらなければ躊躇せずに契約を解約するとのことだ。



レアル・マドリッドは昨シーズンマジョルカでプレーした久保が引き続き成長する事を望んでいる。しかし現状ではこれまでの5試合でたった54分しかプレーしていない。


スポンサーリンク


彼のこの状況がレアル・マドリッドでは大きな議論を呼んでいる。“AS”が報じたところによると、この状況が改善しなければレアルは1月にローンを打ち切るつもりのようだ。


これは何も新しい事ではない。昨シーズンはすでにバジェホとルーニンのプレー時間が少なかった事でローン契約を打ち切っており、彼らはウルヴスそれからレガネスから戻ってきている。その後移籍したグラナダとオビエドにおいて彼らはより多くプレーしている。



報道によるとレアル・マドリッドは最終的には久保がウナイ・エメリの計画に入り定期的にプレーするだろうと見て、現状を我慢しているとのことだ。


このビジャレアルの新監督は現状では昨シーズンマジョルカのリーダーだった久保よりもチュクウェゼをより信頼している。






以上です。

最近ではローン解除は難しいとの報道がありましたが、やはりレアルが一方的にローンを打ち切る可能性はあるみたいですね。ASの記事も見ましたが、そちらはバジェホとルーニンの経緯に焦点が当てられており、こちらの方が久保選手を中心に簡潔にまとまっていましたので、こちらを紹介しました。

[ 2020/10/14 17:39 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。