Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

「香川にとって大きな痛手!ブンデス2部からも断られてしまう!」ドルトムント地元紙

【西ドイツアルゲマイネ】

ボルシア・ドルトムント
香川にとって次なる痛手!元BVBスター、断られてしまう!!


Shinji-Kagawa-BVB33432.jpg


元ドルトムントのBVBにとっては厳しい時期だ!


かつて彼はドルトムント、そしてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたが、今ではなんとブンデスリーガ2部からも断られてしまっている。彼は今新たなクラブを探しているところだ。

スポンサーリンク


ボルシア・ドルトムントは2010年に香川真司を日本からブンデスリーガに連れてきた。彼はそこですぐに活躍し、2年目でドイツのトップに立ったのだ。彼は31試合で13ゴール12アシストを記録している。


これはマンチェスター・ユナイテッドに移籍するには十分な数字だ。彼は1600万ユーロで移籍したが、その後そこで説得力のあるプレーを見せる事が出来ず、2年後に再びドルトムントに戻ってくる。しかしそれも2018年には終わってしまう。彼はまずベシクタシュへとローン移籍したが、その後スペイン2部のレアル・サラゴサへと移籍したのだ。


しかしサラゴサでの歴史はたった1年で終わってしまった。クラブは10月初めに香川との契約を解除している。その理由は給与が高すぎる事と、EU圏外の選手として2人しか選手を登録できないという2部リーガ規則が挙げられている。


その後香川にはドイツ復帰にむけての話があったようだ。フォルトゥーナ・デュッセルドルフが興味を持っていたとされている。“我々は例えば香川真司の獲得を考えたよ。彼のブンデスリーガで見せたクオリティーに疑いはないからね。”とフォルトゥーナのクラウス・アロフスは語っている。


しかし香川はそれを断られてしまっている。“しかし彼は2部リーガに適した選手だろうか?この獲得は全体的に見て良い物だろうか?我々はそれに対してノーという答えを出した。”とアロフスはビルトに対して語っている。


香川はそれによって引き続き無所属となっている。スペインではサバデルへの移籍が噂されており、サバデルも獲得への興味を認めている。しかしサラゴサのライバルチームへの移籍が実現するかは定かではない。





以上です。

ルーアナッハリヒテンでの記事も紹介しましたが、西ドイツアルゲマイネ新聞は随分とネガティブな面を強調した書き方になっていますね。この新聞はわりと移籍した選手には厳しいんですよね。活躍しないとすぐにニュースになります・・。



[ 2020/10/16 18:37 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。