Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

リヴァプール!エヴァートンに引き分け!南野は出番なし!ファン・ダイクが負傷!

【スポーツビルト】

エヴァートンのキーパーがリヴァプールのスター、ファン・ダイクを破壊!

klopp24.jpg


1ポイント、そしてクロップにとって大きなショック!


リヴァプールはアストン・ヴィラに2:7で敗れた後、2週間の代表ウィークを経てエヴァートンとのダービーに臨んだが、2:2の引き分けに終わった。この試合に大きな影を落としたのが、ファン・ダイクへの悪質なファールだ。その結果ファン・ダイクは長期離脱の危機にある。


スポンサーリンク


リヴァプールは序盤、力強いスタートを見せる。開始三分にマネが最初のシュートを放つと、それがゴールとなったのだ。

しかしその後で大きなショックが!

エヴァートンのキーパー、ピックフォードがファン・ダイクに悪質なタックルをしたのだ。右膝を痛めたファン・ダイクはその場で手当てを受けたが、途中交代を余儀なくされ、ジョー・ゴメスと交代知ってる。


ファン・ダイクはびょんびょん跳ねながらフィールドを後にしたが、膝十字靭帯損傷の可能性がある。


しかもこのファールに対してPKすら与えられなかった。ファン・ダイクがファールの場面でオフサイドポジションにいたためだ。そうでなければ少なくともイエローカードにはなっただろう・・・。


その後19分にエヴァートンのマイケル・キーンが元バイエルンのハメス・ロドリゲスのコーナーから決めて同点としている。


前半には何度かリヴァプールに追加点のチャンスがあったが、決められない。エヴァートンは後半、負傷したシェイマス・コールマンを欠く事となる。


しかしカルロ・アンチェロッティのチームは後半からリヴァプールよりも良いスタートを見せる。59分にはリシャルリソンがヘディングを放つも、おしくもポストに当たってしまう。


しかし追加点を挙げたのはリヴァプールだった。72分にサラーが今シーズン6ゴール目となるゴールを決めたのだ。


しかし試合残り10分でエヴァートンがまたしても追いつく。ドミニク・キャルバート・ルーウィンが同点ゴールを挙げたのだ。


その後リシャルリソンが足裏を見せてティアゴにファールしたことでレッドカードで退場となる。ティアゴは右の脛を蹴られ、叫びながら倒れこむこととなった。


そしてさらなる騒動だ!リヴァプールのヘンダーソンがアディショナルタイムにゴールを上げるも、ビデオ判定の結果オフサイドとなったのだ。


“誰か説明してくれよ。私が見たビデオではオフサイドではなかったよ・・・”とクロップは試合後語っている。


リヴァプールにとっては引き分けにしかならなかったが、何よりもファン・ダイクが重傷でない事を願うばかりだ・・・。





以上です。

リヴァプールはいろいろと運がありませんでしたね。それにしてもファン・ダイクへのタックルはひどい物でしたね・・。膝十字靭帯を痛めたとすると、長期離脱は免れないと思いますが、ひどくない事を願いましょう。



[ 2020/10/18 17:37 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。