Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

【CL】ドルトムント!インモビレの復讐ゴールでラツィオに敗れる!!

【ビルト】

インモビレの復讐ゴールでドルトムント、ローマで敗れる

Halbbvb.jpg


チャンピオンズリーグ初戦はもう忘れたいぐらいだ。


ドルトムントはチャンピオンズリーグの初戦でラツィオ・ローマと対戦したが1:3で敗れている。グループ内ではもっとも強力な相手だとみられていたが、ドルトムントは負けに相応しかった。試合では元ドルトムントのチーロ・インモビレの復讐ゴールも見られた。


スポンサーリンク


ドルトムント!ローマで敗れる


マルコ・ロイスはスカイに対して、“説明のしようがないね。このようなパフォーマンスを見せてはならないよ。なによりチャンピオンズリーグの初戦ではね。本当に悪かった。今日はすべてが足りなかったよ。”と語っている。


理解に苦しむのが、ドルトムントにほぼ全ての時間帯で闘志が見られなかったことだ。容赦ないプレス、それから素早い攻守の切り替えの代わりに、やる気とアイデアのないパス回しが見られただけだ。


しかしラツィオは違う。ローマはドルトムントを自分たちの武器で下している。アグレッシブなツヴァイカンプフにより相手からボールを奪っているのだ。そして前半だけで2:0としている。


6分:ラヴィアがムニエの緩いパスに対して素早く反応する。そのボールはコレアを経てインモビレに渡り、インモビレが冷静に決めて1:0だ。


よりによってインモビレだ。このイタリア人は2014/15シーズンにドルトムントにやって来たが、ブレイクする事はなかった。彼は2016年以来ラツィオにいるが、昨シーズンはセリエAで36ゴールを挙げ、欧州得点王になっている。ドルトムントもそれを肌で感じる事となっている。


さらに復讐ゴールに加えてオウンゴールだ。ルイス・フェリペがヘディングシュートをする。キーパーのヒッツはそれに落ち着いて対処する時間がなく、ボールをゴールに叩き入れてしまったのだ。


プロ部門部長のケ―ルは、“前半は本当にひどい内容だった。こんなプレーを見せてはならないよ。”と語っている。


しかし71分にはハーラントがレイナのパスから2:1となるゴールを決めている。しかし5分後にはまたしてもラツィオのゴールだ。


またしてもラツィオがカウンターを見せる。アルベルトからインモビレ(アシスト)、そこからアクパ・アクプロが決めて3:1だ。


ルシアン・ファヴレ監督は、“我々はそこにはいなかった。ディフェンス、走り・・・すべてが欠けていた。もっと良いプレーをしなければならないよ。がっかりしている。”と語っている。


ドルトムントは初戦でポイントを落としたが、悪い予感が伴う。2017/18シーズンは初戦のトッテナムに1:3で敗れているが、6試合で2ポイントしか獲得できずにグループリーグで敗退したのだ。


これを繰り返さないためにも、ドルトムントはもっと向上しなければならない。



以上です。


インモビレは相変わらず好調のようですね。


それにしてもドルトムントは、“こんなプレーをしてはならない”と何回も繰り返していますが、全然治りませんね。


下位相手のポイントの取りこぼしもなくなりませんし、ファブレは同じ間違いを繰り返しているのが気になります。


[ 2020/10/21 16:41 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。