Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

【CL】南野!先発出場も、地元紙はその内容に「がっかり!」

【Echo】

リヴァプールの試合分析!
シャキリ!残留の価値を証明!南野拓実にはがっかり!

minamino76.jpg

シェルダン・シャキリはチャンピオンズリーグのミッティラン戦において明るい輝きを放っていた。しかし二人のスター選手たちががっかりさせるプレーを見せている。


シャキリ!残留の価値を証明する!


シャキリが今月リヴァプールを去っていたと想像する事は決して難しい状況ではなかった。移籍市場の締め切りが近づくにつれて、多くのクラブがアンフィールドで序列の下がったシャキリの獲得を希望したのだ。


このスイス代表選手は10か月で先発出場が1度だけと、彼のキャリアは多くの負傷、そしてチームメートの活躍によって行き場を失っている事を表していた。

スポンサーリンク


いかしシャキリは自分に最後のチャンスを与える決断をし、クラブを去るという可能性を拒否したのだ。


そしてチャンピオンズリーグのミッティラント戦において、それが選手とクラブにとって利益をもたらすものとなった事が明らかになった。


過密なスケジュール、それからヨーロッパにおける5人の交代枠がシャキリにとって予想にしなかったチャンスを与える事となった。そして彼は先週のオランダでの試合(アヤックス)に続いてこの役割を喜んで引き受けている。


これまでだれもシャキリのクオリティーを疑った人はいない。そしてそれはジョッタの先制点をアシストしたアーノルドへのパスの場面でにも良く表れている。


これからシャキリは定期的にトップチームでプレーする可能性はある。


一方オリギと南野拓実はチャンピオンズリーグにおいて似たような状況にある。


オリギは2019年に見せた活躍により、今でもリヴァプールのファンのお気に入りであり、南野も昨シーズンからその地位を確立している。


ユルゲン・クロップは3人のレギュラーを休ませたかったために、この二人を先発で起用している。これは南野にとっては3度目の先発出場、そしてオリギにとっては2度目の先発出場だ。


しかし二人にとってはどちらもうまくいかなかった。


オリギは左サイドでプレーしたが、たいていはあまり乗り気ではなく、相手の激しいプレーに対しる彼のむらっ気のある献身性は助けとならなかった。クロップのその態度には激怒している。

このベルギー人は弱々しいプレーを見せたが、南野は間違いなくより大きな落胆となっている。彼はポゼッション時にボールロストをした後でファールをするなど、フラストレーションから地面を叩く姿も見られた。


一方右サイドでプレーしたジョッタは、その素晴らしい才能を引き続き発揮し、3人のフォワードに代わる最初のオプションの地位をより確かなものにしている。


モー・サラーはここ10試合で7ゴールを挙げているが、チャンピオンズリーグ17試合で13ゴール目をあげている。このエジプト人に対する疑問は全くない。


※以下無観客試合についてのコメントは省略






以上です。

この前の試合では南野選手は途中出場で良い評価を得ていましたが、今回は逆の評価となったようですね。ジョッタは調子が良いですし、シャキリも調子を上げてきたとなると、南野選手のポジション争いも激しくなりそうです。





[ 2020/10/28 18:27 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。