Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!ファヴレ失敗に備えて二人の公認候補をピックアップ!

【ビルト】

ドルトムント!二人のブンデスリーガ監督をピックアップ!


2021年にルシアン・ファヴレ監督の契約は切れる。クラブはこの監督との契約を延長するだろうか?

favre6660.jpg


ファヴレはこれまで毎試合平均2.15ポイントを獲得しており、この点ではクラブ史上最も有能な監督だ。しかし一方で彼はタイトルを獲得していない。そのため契約延長は難しいとみられている。

スポンサーリンク


そのためドルトムントでは後任候補を探さなければならない。スポーツビルトの情報によると、ドルトムントは、マルコ・ローゼに注目しているようだ。彼は昨シーズンからグラートバッハの監督を引き受けており、クラブをチャンピオンズリーグへと導いている。


もう一人の候補がライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン、そしてザルツブルクのジェシー・マーシュだ。



ドルトムントが考えているのはこの3人だ。


この3人の監督に共通するのが、前線からの激しいプレッシング、そして攻守の切り替えの早さ、そして奥深くへのパスのオプションだ。大事なのは、どの選手もボールを持っていようが持っていまいが常に動いている点だ。決して止まっていてはならないのだ。



しかしファヴレのBVBはアウェーで相手が低く守ると、止まってしまう事がしばしばだ・・。





以上です。

クロップの後だったら、この3人の監督への引継ぎは割とうまくいったでしょうね。今ではかつてのようなプレスを知っている選手もほとんどいませんから、また一から仕込む事になるので、それなりの時間がかかりそうです。

しかしこのような監督をピックアップするという事は、クラブにせよメディアにせよ、クロップ時代のイメージから離れられないというようにも感じられますね。







[ 2020/10/28 19:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。