Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

堂安先発ビーレフェルト!ドルトムントに0:2で敗れる!

【ビルト】

フンメルス!ドッペルパック達成も、負傷交代!

hummmeldd.jpg

ドルトムントは、スター・ディフェンダーのおかげでビーレフェルトの要塞を攻略した。


ドルトムントがマッツ・フンメルスの2ゴールでアルミナに2:0で勝利したのだ。


この試合ではフンメルスがハーラントの代わりを担い、53分と71分に得点している。


スポンサーリンク


フンメルスがドッペルパックを達成したのは、キャリアで2度目の事だ。彼は11年前にケルン戦で2ゴールを挙げている。しかしルシアン・ファヴレ監督は心配している。試合終了5分前に太ももの裏を抑えて、ぴょんぴょん跳ねながらフィールドを後にしたためだ。



フンメルスは試合後:“太ももの筋肉が攣ったんだ。幸運なことに刺すような痛みはなかったけれどね。これは良いサインだよ。水曜日までになんとなかると願っているよ。”と語ったが、ドルトムントは水曜日にブリュッヘと対戦するのだ。


試合に戻ろう。ファヴレは膝に問題を抱えるハーラントを、次のチャンピオンズリーグのブリュッヘ戦、そしてその次のバイエルン戦のために温存している。

その代わりにロイスとブラントの2トップで試合に臨んだが、簡単にはいかない。ビーレフェルトのノイハウス監督が5バックと、非常に守備的な戦術を採用したためだ。


しかし守備は機能する。そしてフンメルスのゴールだ。53分にはサンチョのコーナーから太ももでシュートし、71分にはロイスのコーナーキックからヘディングで押し込んでいる。


ブラントは試合後、スカイに対して、“試合に勝てて満足している。今の所低く守るチームを相手に派手なプレーはできていないけれど、忍耐強く対応してうまくやっていると思う。”と語っている。


ビーレフェルトのミッドフィルダー、プリエトルは、“セットプレーから失点したのは痛手だね。ブンデスリーガはこれまで良く勝っていた2部リーガとは違うよ。僕たちは経験を積んで、さらに学ばなければいけないね。そして来週はベルリンでポイントを獲得しないとね。”と語っている。




以上です。

堂安選手は先発で出場しましたが、2度のセットプレーでドルトムントに敗れましたね。ビーレフェルトはこれで4連敗となって、ちょっと苦しくなりましたが、シャルケやケルン、マインツなど一勝もしていないクラブがありますから、そのあたりと残留をかけて戦っていく事になりそうですね。

[ 2020/11/01 05:57 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。