Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

シュトゥットガルト遠藤!シャルケ戦でマン・オブ・ザ・マッチに!地元紙がその理由を説明!

【シュトゥットガルター・ナッハリヒテン】

wataruendo23.jpg


遠藤航がマン・オブ・ザ・マッチな理由!!!


シャルケとの試合において、シュトゥットガルトは大部分において優れたチームだった。その大きな理由は遠藤航だ。そのため彼はマン・オブ・ザ・マッチとなっている。


スポンサーリンク



シュトゥットガルトは、今シーズンアウェーではまだ一度も負けていない。シャルケとの試合では1:1と引き分けたが、これで6試合を終えて9ポイントを獲得している。


金曜の夜、クラブは非常に勇敢な戦いを見せ、特に後半においては、シャルケよりも明らかに勝利に近かった。シュトゥットガルトが長い時間に渡って試合をコントロールできたのは、一人の選手のおかげだ。

遠藤航だ。そしてそれはデータを見ることでさらにはっきりする。



彼ほどファールを受けた選手はいない


ゲルゼンキルヒェン(シャルケの本拠地)において、この日本人は、35回のツヴァイカンプフ(一対一)に挑んでいる。そのうち彼は19回で勝利している。さらにこの試合で彼程多くのファールを受けた選手はいない。それに加えて遠藤はシュトゥットガルトの3つのシュートに絡んでいる。


またこの178cmのミッドフィルダーは、10.66キロメートルを走り、さらにボールコンタクトは68回、そしてパス成功率は85.71回となっている。これらすべてが遠藤を“マン・オブ・ザ・マッチにしているのだ。”







以上です。

すっかりチームを牽引する存在に定着した遠藤選手ですが、引き分けとなったシャルケ戦でもマン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。

得点が少ない守備的な選手が話題になるのは、なかなか難しいですが、遠藤選手の活躍が徐々に目立ってきましたね。


[ 2020/11/02 17:09 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。