Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

【CL】ライプツィヒ!トゥヘルPSGに2:1の勝利!!

【ビルト】

ライプツィヒ!トゥヘルに2ゴール!危機から脱出!

leipzigeer.jpg

リベンジ成功!

ライプツィヒはチャンピオンズリーグのPSG戦において0:1から逆転に成功し2:1で勝利している。これによって2連敗という小さな危機を脱出している。

スポンサーリンク



16分:ウパメカノのハンドによりPSGがPKを得る。すでに開始6分に先制点を決めていた、ディ・マリアがPKを蹴るも、グラシがこれをセーブする。グラシはチャンピオンズリーグ5度目のPKにして初セーブだ。



42分にはヌクンクが同点ゴールを決めるが、後半、ライプツィヒは開花する!そしてそれが報われたのだ。


57分:キムペンベがアンジェリーノのクロスに対してハンドしてしまう。ビデオ判定の結果PKだ。これをフォルスベルクが決めて2:1としている。これはライプツィヒにとってチャンピオンズリーグ6つめのPKとなったが、ライプツィヒはこれを全て決めている。

これでPSGへのリベンジが成功した。今から78日前、チャンピオンズリーグの準決勝では0:3で敗れていたのだ。その試合ではネイマールもムバッペもプレーしていたが、この試合では負傷で欠場となっていた。


それどころかライプツィヒはこの試合の終盤、たった9人を相手にプレーしていた。69分にはゲイェがイエローカード2枚で退場となり、95分にはキムペンベがイエロー2枚で退場となっている、


試合後マルセル・ザービッツァーは“試合序盤に失点するという最悪な形で始まったけれど、闘志とメンタルを示して勝利に相応しかったと思う。”と語っている。ライプツィヒはこの試合ストライカーなしで試合に臨んでいたが、彼は“僕たちは、ボールをしっかりと扱い、落ち着いてプレーしたかったんだ。前線の3人には賛辞を送りたいね。彼らは本当に良かったよ。”と続けている。


決勝点のフォルスベルクも試合後にチームのメンタルを称えている。“大事なゴール、大事な勝利だね。僕たちはハングリーだったし、良いプレーだったと思う。パリにプレッシャーを与えようと常に努力していた。彼らは今日何人か選手が欠けていたし、パリでの試合は難しくなるだろうね。でも勝ちたいよ。”と彼は語った。






以上です。

ライプツィヒはこれで6ポイントでマンチェスター・ユナイテッドに続いてグループ2位になりましたね。勝ち抜けにはユナイテッド戦で勝利が大事になりますね。






[ 2020/11/05 19:24 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。