ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》デ・ブルイネ、推定8000万ユーロでM・シティ移籍が決定!ドイツ人の反応

先ほどヴォルフスブルクのケヴィン・デ・ブルイネのマンチェスター・シティへの移籍が決まったと報道がありました。ビルト記事とドイツ人の反応を紹介します。





ヴォルフスブルク、移籍をめぐるポーカーも終了!


デ・ブルイネ、マンチェスター・シティへ!!


entry_img_553.jpg


ケヴィン・デ・ブルイネをめぐる移籍劇もようやくこれで決まった。


ヴォルフスブルクのスーパースターはビルトの情報によるとマンチェスター・シティに行くようだ。

両クラブは基本的に合意しており、後は移籍金を詰めるだけのようである。ヴォルフスブルクはおそらく8,000万ユーロを受け取ると見られている。この他にオプションがつけばこの金額はさらに高くなる事もありえる。


木曜日にもデ・ブルイネがヴォルフスブルクを去ることになっているようだ。これによってこのベルギー人は次のシャルケ戦のベンチに入ることはなくなった。


スポンサーリンク


20150827043755313.jpg


【ドイツ人の反応】


・ブンデスリーガにとっては暗い一日となってしまった。


・↑なんで?


・まあバイエルンに行かなかった事が大事だ。


・ブンデスリーガにとってデ・ブルイネはそんなに重要じゃないよ。


・本当にバイエルンに行かなかったのが重要。イングランドだったらOKだよ。ヴォルフスブルクは大金を得られて嬉しいよ。僕は彼は過剰評価だと思うね。


・これが終わりの始まりだ。これからイングランドがどんどんやって来るぞ!!


・8000万はいくらなんでも高過ぎるだろう。そうしたらミュラーは15000万だね。


・どれ、今シーズンはどこのチームが上にくるか見ものだね。


・デ・ブルイネはチェルシーでうまく行かなかったけど、代理人はこれでがっぽり稼いだ。ヴォルフスブルクにとっては残念だね。この移籍金の金額が彼の力を表していることにはならないよ。インモビレが良い例だ!


・これはブンデスリーガにとって大きな損失だ!!彼がいるかいないかでは、4位と5位になるぐらいの大きな差になるだろう。もしペリシッチも移籍したらこれこそ難しくなるね。


・たった1シーズン良かっただけで8000万?狂ってるよ!


・バイエルンは大金を節約することができた。


・まあヴォルフスブルクは8000万もあったらすごい投資ができるね。


・チェルシーと同じようにならなければ良いけど。


・デ・ブルイネは良い選手だけど、どのリーガにも合うというわけではないよ。彼はイングランドには合わないよ。他のスターだってイングランドが合わなかった人はいるよ。そしてブンデスリーガに戻ってきた選手がね。どうなるか見ものだね。


・お金がボールを動かしているみたいだね。これはブンデスリーガにとっては本当に残念だ。


・彼の振る舞いはエジルよりもひどかった。チームに忠誠心が全然感じられなかった。


・彼は8000万ユーロの価値は絶対にないよ。ヴォルフスブルクは良い商売をしたね。


・イングランド人は狂っている!!本当に狂っているよこの金額は。近い将来もっとひどくなるだろうね。イングランドの2部チームがドイツの2部から選手を買いあさっているんだ。ブンデスリーガが出さないような金額を出してね。


・ヴォルスブルクよおやすみなさい・・・。


・ようやくケリがついたか・・。


・チェルシーでだめだったのにまたイングランドに行くのか・・・。


・これでまたバイエルンが優勝だね。退屈なシーズンになりそうだ。


・↑まだドルトムントがいる。






以上です。


まだ公式報道はありませんが、ビルトが既に一面で決定と報道しています。ビルトは移籍に関してはこの瞬間に全力をかけているような所もありますので、数時間以内に公式発表があるのではないかと思います。


それにしても8000万ユーロとは驚きですね。ドイツで中レベルの選手がイングランドの中堅チームで大金を稼げるので、みんなそっちに流れてしまうという事が心配されています。


ドイツ人の反応も大抵はこの移籍金に関するものばかりでした。数年前と比べると本当にどうなっているんだろう、という感じですね。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_2524.jpg

ミュンスターにある雑貨屋さん
何だかとても可愛らしい店構えです。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball





[ 2015/08/27 06:00 ] ヴォルフスブルク | TB(-) | CM(13)
デブルイネ8000万、ソンフンミン4000万って、本当にイングランドの移籍金額は狂ってる!
あのブンデス2連覇した主力の香川が2000万未満、アーセナルのエースだったペルシが4000万以下だったのに。
しかも無駄遣いになることが多いから目も当てられませんね。
これでドルトムントには最低限CL権利確保して来季は金満チームをなぎ倒して欲しいって応援のモチベーションが更に上がりました!
ブンデス頑張れ!
[ 2015/08/27 06:32 ] [ 編集 ]
ソンフンミンのトッテナム移籍の記事あったら、みたいです。
お願いします
[ 2015/08/27 06:34 ] [ 編集 ]
No title
レバークーゼンを応援してたらあっさり事がすすんでますね。今季のブンデスのCLはバイヤン以外はレバークーゼンしか可能性なさそう。

プレミアは放映権がすごいですからね。ブンデスは今季はEl組の方がリーグポイントかせげるから真面目に勝ち進もうとするでしょうが、プレミアは一つでもリーグの順位あげたほうが収入いいからEl捨ててくるくらいなんですよね。
[ 2015/08/27 07:06 ] [ 編集 ]
No title
フィルミーノが4100万ユーロだし本当プレミアどうなってんのって感じ
ドイツ2部と言えば昨季カールスルーエで2部の得点王だったヘニングスが
英チャンピオンシップのバーンリーFCに数週間前に買われてったね
[ 2015/08/27 07:41 ] [ 編集 ]
No title
大きなお金が動く移籍は、若い選手が巨大なサッカービジネスに巻き込まれていく様に見えて複雑な気持ちになります。もちろん成功例もあると思いますが。。。ドルトムントの好調は嬉しいけれど、好調であればあるほど、プレミアに来季主力選手を引き抜かれてしまいそうで怖いなぁ。
[ 2015/08/27 07:44 ] [ 編集 ]
No title
>イングランドの2部チームがドイツの2部から選手を買いあさっているんだ。ブンデスリーガが出さないような金額を出してね。

それで日本からブンデス2部への移籍が増えるといいなあ。ベルギーやスイス、ポルトガルで苦戦してる日本人選手を見ると、2部でも直接ブンデスに行くのがいいでしょう。またヴォルフスブルクが大金を得たので、誰か日本人選手獲ってくれないかなあ。
[ 2015/08/27 07:52 ] [ 編集 ]
No title
やったー
[ 2015/08/27 08:08 ] [ 編集 ]
デブルイネはチェルシーでもレンタルが多くて復帰しても厚い選手層に阻まれて殆ど出番がなかったよね。モウは彼が練習で力を尽くさなかったと言っていた。実力はあるけどあとはプレミアとの相性とメンタルが鍵だと思う。
[ 2015/08/27 08:50 ] [ 編集 ]
No title
プレミアの金満ぶりがここにきておかしい雰囲気になってますねv-7
[ 2015/08/27 09:15 ] [ 編集 ]
No title
なんでやインモービレ関係ないやろ
[ 2015/08/27 09:17 ] [ 編集 ]
No title
ここ2~3年のプレミアの移籍金高騰凄いですねw
デ・ブライネがブンデスを出て行くのはちょっと寂しい気もしますが、シティも現在好調なんで本人のこと考えると大丈夫かなと思ってます
[ 2015/08/27 09:27 ] [ 編集 ]
No title
やっぱり決まったか~まぁバイヤン行かれるよりいいけど
でもさ結局シティで失敗したらバイヤンが取るかもしれないよね 過大評価?結果は出してる年間最優秀にも選ばれてるから過大ではないと思うけど
まだリーグ2節終了の段階ではどのチームが上位争いになるかわからんな
[ 2015/08/27 11:43 ] [ 編集 ]
デブルイネの移籍金が8000万ユーロとはすごいですね。

ところで、ソンの移籍金についてはスカイスポーツが2000万ユーロ(約27億円)と報道していましたね。
GOALの記事では3000万ユーロ(約41億円)となっていて、金額の幅が広い。
デブルイネの金額にも驚きましたが、ソンの3000万にはとてもビックリしました。
実際には、1500~2000万くらいではないでしょうか。

プレミアのクラブは補強予算が巨額化していて、移籍金の額を聞くと気が遠くなります。
[ 2015/08/28 00:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。