Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

【EL】「久保建英がヨーロッパリーグで素晴らしいアシストを決める!」外国メディアも取り上げる!

【Fansited】アメリカスポーツメディア


レアル・マドリッドからのローン選手、久保建英がヨーロッパリーグで素晴らしいアシストを決める!

kubo11093.jpeg


レアル・マドリッドの久保建英は、ビジャレアルでプレーする時は、だいたいいつも良い印象を残している。特にヨーロッパリーグにおいて!

スポンサーリンク


レアル・マドリッドで契約した最初のシーズン、久保はマジョルカのレギュラーに定着するのに少し時間を要したが、その後、ラ・リーガの若手スターとしての地位を確立している。


そして今シーズンのローン先となったビジャレアルでも同じストーリーが繰り返されようとしている。ちなみにビジャレアルは、アヤックス、セビージャ、バイエルン・ミュンヘンを抑えて久保と契約している。ウナイ・エメリは当初、久保をあまり起用する事がなく、レアル・マドリッドのファン達の不満を呼び起こしていた。


しかし久保はイエロー・サブマリン(※ビジャレアル)においてより重要や役割を果たすようになっている。特にヨーロッパリーグでは3戦すべてにおいてスタメン出場を果たしているのだ。


久保は今シーズンのヨーロッパリーグ、テル・アヴィヴ戦において3つ目となるアシストを記録しているが、この試合でビジャレアルは4:0と快勝している。


久保建英はいつの日かレアル・マドリッドの偉大なチャンス・クリエイターになれるだろう


ビジャレアルの2:0となるゴールを決めた経験豊富なトライカー、カルロス・バッカへの久保のアシストは素晴らしかった。この19歳は右サイドでディフェンダーを一人かわし、さらにもう一人のディフェンダ―が寄せてくると、インサイドへカットインする必要を見いだし、得意の左足で6ヤードボックスファーサイドへとループによるクロスを送ったのだ。


これは素晴らしいアシストだった。久保はスペースを見つけ、さらにゴールに対してハングリーなボッカの動きを予測したのだ。ボッカはこの時点ですでに1ゴールを挙げていたが、これを押し込む事に成功している。


それ以外にも久保がいかに成長しているか、またどれだけチャンスを作ったかを示す例は沢山ある。レアル・マドリッドはすでにマルティン・エーデガールという将来のチャンス・クリエイターを有しているが、久保で二人目となるだろう。仮に将来キリアン・ムバッペやエーリング・ハーラントが加入した場合、彼らがチャンスを見つけるのに苦労する事はないだろう。


さらにこの試合で久保はアシストを含め4つのキーパスを出している。これが意味する事は久保がヨーロッパリーグでは毎試合4つのキーパスを出しているという事だ。






以上です。



久保選手のアシストは本当に素晴らしかったですね。これから徐々にリーガでの活躍にも期待したいですね。



[ 2020/11/06 17:18 ] 久保 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。