ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ドルトムント ヴァイデンフェラーに契約延長を提示か!!


本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。






BVBのマネージャー、ミヒャエル・ツォルクが希望を抱く!



ヴァイデンフェラーに契約延長を提示か!!


entry_img_554.jpg

13年間にも及んだドルトムントとロマン・ヴァイデンフェラーの関係は、この夏休みには分かれる寸前まで行った。そして今驚くべき転換期を迎える・・



BVBのマネージャー、ツォルクが希望をいだく!ヴァイデンフェラーに新たな契約を提示か?


ツォルクはヴァイデンフェラーが第2キーパーに格下げされたにも関わらず、ロマン・ビュルキの後ろでこれまでいかにプロフェッショナルであったかを褒め称えた。


“僕はロマンが完全にボルッセ(注:ボルシア人)だと言ってきた。彼の振る舞いは完全にお手本のようだよ。”


ビルトが得た情報によると、このクラブはヴァイデンフェラーに一年の契約延長を提示することを本気で考えているようだ。


スポンサーリンク


201508270454081cb.jpg


マネージャー、ツォルクはビルトの質問に対してただこう答えた。“このテーマに関しては後になってからロマンと直接話すよ。”もし彼が否認したいんだったら、まったく違った言い方になっただろう。


これは賢い!早い段階で契約を延長することでドルトムントはゴールキーパー問題に対してはっきりとした回答を示すことになり、一件落着となるだろう。



トーマス・トゥヘル監督は、ローマン・ビュルキが仮に負傷した場合でもヴァイデンフェラーという理想的な保険をかけたことになる。

2015082704540998d.jpg


ヴァイデンフェラーはより計画を確かにし、彼が望んでいたように少なくとも2017年までは引き続きプレーできることになる。


現在のビュルキのパフォーマンスのために、ヴァイデンフェラーはポカールとヨーロッパリーグをプレーしている。彼は再び代表入りするためのチャンスを得るだろう。


ヴァイデンフェラーとボルシア。明日のオッズBK戦では再びヴァイデンフェラーが守ることになる。







以上です。


彼が残ってくれると嬉しいですね。そうならないと今度は第2キーパーは誰にする?という問題が出てきてしまいますし。

いよいよ移籍市場が閉まるまであと数日となりました。ドルトムントは何人かの選手を放出しなければならない、と前々から言われていましたが、選手が残留を希望している事もあり、今の所動きがありません。最近ではヤヌザイをローンで獲得したい、とかレヴァークーゼンが再びカストロを取り戻したい、とか噂が出てきました。どうなるのか見ものですね。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_1768.jpg


IMG_1769.jpg


ワイン畑と葡萄
近所のお城にあるワイン畑です。緑が綺麗で葡萄の実も随分膨らんできました。今年はどんなワインが出来るか楽しみですね。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball



[ 2015/08/27 13:56 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(5)
No title
でもオッド戦はひどかったw
[ 2015/08/27 15:56 ] [ 編集 ]
No title
オッド戦酷いって言ってもどれもミスとはいえないと思うけどな、FKはまあ稀によくあるパターン
[ 2015/08/27 18:40 ] [ 編集 ]
キーパー画像の躍動感がすごい
[ 2015/08/27 19:32 ] [ 編集 ]
No title
試合感が足りなかったのだと信じたい
[ 2015/08/27 20:39 ] [ 編集 ]
おっどのキーパーとればいい
今日はベスメンだったのに2失点
[ 2015/08/28 06:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。