Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ザルツブルクSD「もっとも驚かされた才能は南野拓実!!」

【Spox】

クリストス・フロイント!ザルツブルクで最も驚かされた選手はこの二人!

minamino6677.jpg


サディオ・マネ、エーリング・ハーラント、ナビー・ケイタ・・・。クリストフ・フロイントはザルツブルクのスポーツディレクターとして多くのスターが育つ姿を見ている。彼は“Standard”のインタビューにおいてその中でも最も驚かされた才能について語っている。

スポンサーリンク



それによると、南野拓実(リヴァプール)と、シュテファン・ライナー(グラートバッハ)とのことだ。彼はインタビューにおいて、“南野拓実は長い間我々の所にいたが、チームで重要な存在になるために常に戦っていたよ。いつもスタメンとベンチを行ったり来たりしていたからね。でもここ半年から1年で見せた成長は本当にすごいね。こうなると、これまで(スタメンをかけて)戦ってきたストーリーも素晴らしいものになるね。だから本当に嬉しいよ。彼が最後にこのようなステップを踏むなんて、本当に驚かされたね。”と語っている。


またフロイントによるとそうした選手は他にもいるようだ。“我々の所で育ったシュテファン・ライナーだね。最初は彼がブンデスリーガの選手になるか見てみよう、というぐらいだった。でも彼はそこで成長して今ではチャンピオンズリーグでもプレーしているからね。それにオーストリア代表としてもプレーしており、これには目を見張るものがあるよ。メンタルと意志がどれだけ重要かが分るよ。そして加えてサッカーでの良いプレーだ。彼がこのレベルに達するなんて本当に驚かされたね。まいったよ。”と彼は語っている。



ザルツブルクではすでにパストン・ダカとドミニク・ソボスライが多くのクラブの興味を引いている。移籍金がどうなるかは移籍市場の状況次第だが、フロイントはコロナが大きな影響を与えると思っている。“まったく影響を与えないという事はないだろうね。今移籍市場に現れているのはまだ氷山の一角に過ぎないと思う。価格は全体的に少し下がると思うし、給与と移籍金の総額も下がると思う。”と彼は語ったが、同時に、“それでも若い選手にとっては市場はちゃんとあるよ”と信じている。





以上です。


ザルツブルクのスポーツディレクターが驚かされた才能(タレント)として南野選手をあげていましたので紹介しました!

[ 2020/11/10 17:46 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。