Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ビーレフェルト堂安!ブンデスリーガ9月最優秀新人候補に!!

【ブンデスリーガ】公式

ルーキー・オブ・ザ・マンス

9月最優秀新人!堂安、クリもヴィッツ、ラクロワ?

tempo-technik-wucht-ritsu-doan.jpg


ヨーロッパのトップリーガは今シーズンも若い選手をルーキー・オブ・ザ・マンス(By AWS)として表彰している。9月の候補に挙がったのが、ビーレフェルトの堂安律、シュトゥットガルトのマテオ・クリモヴィッツ、それからヴォルフスブルクのマクサンス・ラクロワだ。

スポンサーリンク


堂安律(アルミナ・ビーレフェルト)


この移籍が実現しようとは、夏の時点では誰も予想していなかった。しかしタレントとしての呼び名の高い堂安律はアルミナ・ビーレフェルトに移籍している。この22歳はPSVアイントホーフェンからウーヴェ・ノイハウス監督のチームに移籍し、それ以来説得力のあるプレーを見せている、この日本代表選手はビーレフェルトで定位置を獲得し、10月もそれを継続している。第4節ではこの新加入はバイエルンと対戦し、ブンデスリーガ初ゴールを挙げている。敗れたバイエルン戦において、堂安律はチームの面子を保つゴールを挙げたのだ。



さらにその1週間後には、この日本人は最初のアシストを記録している。それに加えてこの日本人は多くのポジションで起用することができ、8番としても右サイドとしてもプレーしている。


“律はすごくトリックが多いサイドアタッカーでスピードもあり、さらにゴール、アシストのクオリティーも高いね。”、とノイハウス監督はこの22歳についてすでに獲得した時点でそのように語っていた。 さらに堂安は10月にも監督の発言が正しかった事を証明する機会を十分に生かしている。彼はその月一試合平均で11.4㎞も入り、さらにシュート数は6本となっているさらにチームメートのシュートをアシストした数は5本、それに加えて攻撃におけるドリブルの数は24本だ。堂安はすでにアルミナの重要な選手となっている。


マテオ・クリモヴィッツ(シュトゥットガルト)


クリモヴィッツの名前はブンデスリーガでは無名でない。それは彼の父親であるマテオ・クリモヴィッツのおかげだ。父はヴォルフスブルクやドルトムント、ボーフムでブンデスリーガ213試合に出場し71ゴールを挙げているのだ。


マテオは今シーズン1部リーガでプレーし、5試合中2度はスタメンで出場している。さらに9月にはリーガ初ゴールを記録しており、10月の第4節では初アシストを決めている。その両方共が途中交代後のものだったが、ジョーカーとしてのクオリティーを存分に示しており、シュトゥットガルトの2勝利に貢献している。



マクサンス・ラクロワ


ヴォルフスブルクはこの夏FCソショーから彼をブンデスリーガに連れてきた。その数週間後、この20歳のセンターバックはヴォルフスブルクのディフェンスラインに定着している。彼はすぐさまその力強いパフォーマンスで周りを説得しているが、なによりも190センチの長身を生かしたヘディングが強みだ。彼は空中戦の3分の2で勝利している。地上戦でも対人勝率は57%となっている。さらにこの20歳のプレースタイルはクリーンで、10月のファールの数は2度だけだ。




以上です。

堂安選手が9月のルーキー候補に選ばれています。ここから先は投票になり、こちらのサイトから投票できるようです。日本からも投票できるかはちょっと分かりませんが、興味のあるかたはこちらのサイトからぜひ試してみてください!

他の候補者の批評は長かったので後半部分を省略しました。

[ 2020/11/11 18:05 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。