Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

レヴァンドフスキー!ドルトムントでクロップとの話し合いを必要とした理由を明かす!

【ビルト】
レヴァンドフスキー!ドルトムントでクロップとの話し合いを必要とした理由を明かす!

leviwwer.jpg


ワールドクラスのストライカー、ロベルト・レヴァンドフスキーは、ドルトムントでの最初のころ、ユルゲン・クロップと状況を解決するための話し合いを必要としていたようだ。



スポンサーリンク



彼はチャンピオンズリーグでマルセイユに敗れた後で、監督を探したようだ。このストライカーは“Spox”のインタビューにおいてその当時を思い出している。“その時は2時間ぐらい話をしたよ。心にあった事を全部言ったんだ。そして彼も僕に何を期待しているのかを伝えたんだよ。”と彼は語る。


レヴァンドフスキーは2010年にポーゼンからドルトムントに移籍したが、ミュンヘンに移籍するまで4年間プレーしている。レヴァンドフスキーによると、この話し合いの後ですべてがうまくいくようになったとのことだ。


“僕にはこの話し合いが必要だったんだ。”とレヴァンドフスキーは語る。“僕はまだすごく若かったし、外国での生活も初めての事だった。まだ言葉も完ぺきではなかったし、彼が言っている事すべてを理解できたわけではなかった。まあそれはどうでもいいんだけど、この話し合いは僕にとっては必要だったね。”






以上です。

マルセイユとの試合は2011年の事だと思いますが、ドルトムントは9月に3:0で敗れて、さらに12月には2:3で敗れていますね。3:0で負けたときはワントップでプレーしており、2:3で敗れた時はトップ下でプレーしています。バリオスが負傷して、徐々にプレーする機会が増えてきていましたが、まだどこをやるかもはっきりしていなかった時期でもあるので、話の内容はその辺でしょうかね。



[ 2020/11/12 08:08 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。